茨木市内の夕焼け−1

2014年7月31日
昭和56(1981)年に茨木市の一戸建て(JR茨木駅まで徒歩約15分)に引越してきてから33年目を迎えました、しかし寄る年並みには勝てず、今年の3月に駅近のマンションに引越してきました。5階西側の窓から太陽の沈む様子が見て取れるロケーションですが、これまではあまり綺麗な夕焼けに出会えませんでしたが、今日はそこそこの夕焼けが望めました。
画面中央の右よりに見える塔は、弁天さんと呼ばれる弁天宗冥應寺の水子供養塔であり、地上高73メートルの建造物である。
茨木に引越してくるまでは全然知りませんでしたが、毎年8月8日には、この塔の周辺で花火が打ち上げられますので、その時間に在宅しておれば必ずといってよいほど、花火が見える所まで出向いていました。今年は自宅マンションに居ながらにして花火見物ができる・・・・・と思っていたのですが・・・・・・・・
本日JR茨木駅前に下記のような看板が立っていました。
「緊急のお知らせ」弁天宗夏祭りの「花火打ち上げ」を中止します との事。
理由は「火災や爆発などの事故があった場合に備え、弁天宗の連絡体制や避難誘導体制を一層強化しなければならないと判断したため」だそうで、花火以外の夏祭りの行事は予定どおり行うそうです。
しかし、マンションに引越した時から、孫達に「ここから花火見物ができるからおいでや」と言っていたので、どう説明したものか・・・・・・・・・・・・
画像クリックで大きな画像を表示します


メニューへ戻る