茨木の山里を行く

2009年6月7日(日)  前日、次男夫妻からドライブの誘いがあり、「行きたいけど車でないと行きにくい所」があったら行ったげるで・・・・・という連絡があった。女房が茨木の山里にある「まだま村」という葦葺きのカフェに行ってみたいと言うし、私も「キリシタン史料館」や「上音羽の磨崖仏」などにも一度行って見たいと思っていましたので、これ幸いとばかりに同行することとなりました。
最初は、「キリシタン遺物史料館」です

キリシタン大名として高名な高山右近は、天正1(1573)年に高槻城主となり、在城の間、三島地方はキリシタン宗の一大中心地だったそうです。しかし豊臣秀吉は天正15(1587)年にキリシタン宗の布教と信仰を厳禁し、日本の信者は直ちに信仰を捨てるようにと厳命を下しました。さらに慶長18(1613)年には徳川家康も禁教令を発布し、右近は国外追放、信者たちは死罪・流罪の厳刑に処されました。
ロレータ聖母浮彫画像

黒塗りの厨子に入れられ、純亜鉛板を裏側から押し出し、その上に油絵具で彩色されている。若きイエスを抱いた聖母マリアが腰をかけ、下部の雲中に3人の天使がいる。
こうしたことから信者達は表面上は仏教徒を装い、山奥深くに隠れるようにして信仰していましたので、大正8(1919)年2月にキリシタン研究家の藤波大超氏が千提寺の山林の中腹からキリシタン墓碑を発見するまでは、この辺りが隠れキリシタンの里であったことは誰にも知られていませんでした。
マリア十五玄義図

和紙に、左にイエズス会の創設者イグナチウス・ロヨラ、右にフランシスコ・ザビエルが描かれ、周りには15の玄義が描かれている。
キリスト磔木像

銅筒の中に入れられていたもので、十字架なしに吊るされていたキリスト像はキリシタン遺物の中でも珍しい。この像は胡粉を塗って彩色された木像で、ヨーロッパから輸入されたものらしい。
ザビエル画像

布教のため最初に日本に来たザビエルの列聖後の画像。和紙に泥絵具、にかわ、鶏卵の黄身を混ぜ合せて彩色されており、1623年頃、狩野派の画家によって描かれた。
誰もがよく知る、この「聖フランシスコ・ザビエル画像」は、今まで出処が明らかにされていませんでしたが、何と!この地から発見されたものだと、当館の職員さんから教わりました。


知らなかった!あの有名な「ザビエル画像」がここから出たとは・・・・・・。
茨木市は、その事実をもっと全国にPRすればよいのに・・・・・・。
館内での写真撮影は禁止されていましたので、上の写真と紹介文は同館のパンフレットより転載させていただきました。



茨木市立キリシタン遺物史料館利用案内

所在地:〒568-0098 茨木市千提寺262
TEL:072-649-3443
開館時間:午前9時~午後5時
ただし月曜日は午前9時30分~正午
休館日:毎週火曜日・国民の祝日(祝日が火曜日の時は翌日休館)・年末・年始
入館料:無料
駐車場:2台分・無料
キリシタン史料館を後にして、「まだま村」へと向かいます。カーナビに導かれ、急な細い坂道を下ると、「まだま村」に到着です。
何だ!これは!と思われる、この建物は縄文式竪穴住居を表現した建物で、直径12m・高さ11mの円錐形をしており、柱に200年前の民家20軒分の古材を、屋根材には琵琶湖の葦を使用している。建物内は囲暖炉や舞台があり、地面から1m掘り下げた土間は最大180名ほど収容できる空間となっています。
普段はのんびりと過ごせるカフェとして、ときにはライブや講演会などのイベントも行なわれているそうです。
昼食には「縄文ランチ」をいただきました。
↑ 縄文ランチ
玄米ごはん、新鮮野菜の揚げ物やお浸し、汁物に食後の飲み物が付いて1500円。(縄文ランチは前日までに予約が必要)
↑ 食後のコーヒ
専門店から特別に焙煎してもらった、焼きたての豆を直仕入れしているとあって、結構おいしかったです。(単品は500円)
      メニューの一例
縄文カレー 900円
ケーキ(さつまいも・オレンジ) 500円
ミルク 600円
黒豆コーヒ・アイスコーヒ 600円
アイスカフェオレ 600円
その他、「ソバ」などもあります。
まだま村     交通アクセス
所在地 〒568?0098
大阪府茨木市千提寺428
営業時間 11:00? 17:00
定休日 毎週 月曜&火曜日
(※ただし祝日の場合は営業)
電話 072-649-3800
FAX 072-649-3801
次は
上音羽の磨崖仏です。

キリシタン史料館の職員さんから地図を頂き、車でも行けると教わっていたのと、幸いカーナビにも登録されていましたので、あまり迷わずに到着しました。

磨崖仏というからには、きっと崖の険しい所にあるのだろうと思っていましたが、何と畑が広がる平地の車が通れる道路脇にあることに驚きました。
能勢妙見街道沿いにある、この磨崖仏は幅約6メートルの自然石に30数体の地蔵仏が彫られ、上段には桃山時代の「甲戍天正二年十一月十五日」の刻名があるそうです(実際には確認できませんでした)。これは逆修仏とよばれ、村人達が現世があまりにも厳しいので、来世に望みを託し生きている間に石に自分達の姿を彫りこんだものと思われるそうです。こうした石仏は、この上音羽から能勢の山あいにかけて数多く残されているそうである。
秋の彼岸頃に訪れたならば、大岩棚田の彼岸花もおすすめです。

メニューに戻る