わがまちの茨木童子

最近、私の住む茨木の街に「茨木童子」が頻繁に出没するとの噂を聞き、検証に出かけました。


JR駅前商店街を東に進むと、商店の壁面と入口にいる童子を発見!
壁面の商店会の看板では、童子が花の水やりをしています。

本当は心優しい鬼だったのかな?
印鑑店のシャッターに描かれた童子。

鬼の世界にも印鑑が必要らしい?
薬局に描かれた童子。

鬼の世界でも薬は必需品?
別の薬局に描かれている童子。

手を怪我して泣いています。(鬼の目にも涙)
和菓子屋さんの童子は、串団子を片手に孫悟空のように雲に乗って飛び回っています。
 
結納用品店では童子が結婚式を挙げている。
今は嫁さんに角は無いが、いずれ出てくるぞ!
 
クリーニング店の童子は干した洗濯物の番をしています。

なかなか役に立つね。
 
他の商店街でガンバ大阪童子を発見!
  
茨木市福祉文化会館横の郵便ポスト上のメタリック童子。

以前はポストの上には絶対 物を置いてはいけませんでしたが、郵政民営化後OKになったそうです。
消防署では消防童子が活躍?
 
中条図書館横の茨木童子像と元茨木川緑地
 
様々な童子が出てきましたが、本当の茨木童子って、どんな奴だったのか詳しくは知りません。これは一度調べなければ・・・・と茨木市立中央図書館にやってきました。
茨木童子に関する書は沢山ありましたが、唯一手書きで綴られている「いばらき昔ばなし(松岡州泉編・昭和57年発行)」という書物が気に入りましたので、以下にその内容を略記します。
 
童子の生い立ち

 昔、摂津の国 水尾村のある農家に男の子が生まれた。生まれながらにして歯がはえ揃っており、生まれてすぐにヨチヨチと歩きだした。眼光鋭く後ろを向いて、母を見てニタッと笑った。大変な難産だったことと、鬼子の恐ろしさのため、母はショックですぐに亡くなってしまった。
 家が貧しかったので、ある夜、父はその子を篭に入れ、縄をかけて背おい、茨木村の九頭神(くずかみ)の森ちかくにある髪結床屋(かみゆいとこや)の前に捨ててしまった。
 翌朝早く床屋の親方が表に出ると、大きな赤子が篭の中で寝ているので、これは子がないため神から授かったものだと思い、拾いあげて育てた。
5・6歳ともなれば大人もしのぐ体格となり、近所のがき大将となって、床屋夫婦は童子をほとほともてあました。そこで床屋の仕事を教え込むことになった。3年ばかりは事なく過ぎる。ある日、童子が剃刀(かみそり)で客の顔をそっていたとき、誤って手をすべらせ傷をつけてしまった。あわてた童子は吹き出た客の血を指で取り、ペロリと舐(なめ)てしまった。血の味を知った童子は、その後はわざと傷をつけて血を舐めるようになる。うす気味悪がった客達はこの床屋に来なくなり、店は寂(さび)れてしまった。
 ある夜、床屋の親方は童子を自分の部屋に呼び、店が寂れたのはお前のためだと厳(きび)しく小言(こごと)を言った。
 翌朝童子は顔を洗うために近くを流れる小川に行き、昨夜 親方にひどく叱(しか)られたことを思いうかべつつ土橋の上からしげしげと川面(かわも)を見ると、水鏡(みずかがみ)に映った自分の顔は、なんと鬼の相(そう)を呈(てい)していた。童子は驚(おどろ)き、そのまま丹波(たんば)の山奥に入ってしまう。
 その橋は以来、茨木童子貌見橋(すがたみのはし)と名づけられ、後の世まで語りつがれた。

 その後、丹波の山奥に入った童子は、大江山に住む山賊(さんぞく)の頭・酒呑(しゅてん)童子のもとに行き、茨木童子と名乗って副将格(ふくしょうかく)になった。童子は手下を従(したがえ)えて近くの村や町、または夜の都(みやこ)に夜な夜な出没(しゅつぼつ)したそうである。
この書物の注釈に、貌見橋は小川と共に今はもう無いが、その橋があった辺り(茨木市新庄町4)に石碑が残っていると書かれていました。
帰りにその辺りを探しますと、大阪府立茨木高校・東門の横で案内板を見つけました。
しかし、物語の概略が記されているだけで、肝心の石碑が近くに見当たりません。
昭和57年発行の書籍に書かれているものの、すでになんらかの理由で取り払われたのだろう・・・と勝手に解釈して、この日は引き揚げました。
しかし気になりましたので、後日ふたたび捜索したところ、案内板から東に延びる通路脇、約15m位の所で石碑を見つけることができました。

かって、この辺りには「鬼床」という店名の床屋が実際に存在したという説もありますが、現在は静かな住宅街となっています。
わがまちの茨木童子    撮影 2009年10月19日 & 11月8日

メニューに戻る