大阪・茨木の「ねじりマンポ」

JR東海道線・茨木駅から京都方向、約1.5Km位に、こんな所がある。
複々線の4軌道内の2軌道は鉄橋上を走っているが、残りの2軌道は古めかしいトンネル上にある。
近付いてみると、かなり年期が入った赤レンガのトンネルである。
JR東海道線の大阪〜京都間の開通は明治10(1877)年とのこと事ですので、このトンネルはそれ以前に完成していたことになりますが、今もまだ現役で重たい車両を支えていることに驚かされます。
トンネル内のレンガの積み方を見てみると、この写真では一寸分かり難いですが「ねじりマンポ」という工法で積まれています。この工法は線路とトンネルが直角に交わっていない場合に、レンガの角度については線路と直交するように積んでいくと、トンネル内部から見たレンガが、ねじれたように見えます。この積み方が構造力学上、最強の積み方だそうですが、このトンネルでは線路の交角が直角に近いため、あまり顕著な「ねじり模様」は見られません。


← これは2003年に「京都レトロ」で紹介した蹴上のインクライン下の「ねじりマンポ」ですが、線路とトンネルの交角が45度に近いため、見事な「ねじり模様」が見られます。
← 南側から見たトンネル

この道は、茨木の中心地から安威や十日市に向かう茨木街道の支線だったそうで、戦前の主要道として賑わったそうです。
← 立ち上がり部分は水平のレンガ積みですが、カーブを描く天井部分が「ねじりマンポ」工法で積まれています。


しかし「ねじりマンポ」ってどういう意味なのでしょうか?
「ねじり」はレンガがねじれて見えることから、納得できますが、「マンポ」ってどういう意味が分かりませんが、おそらく、マン=man(人)・ポ=(歩)で「人が歩くトンネル」といった意味合いで名付けられたものと思われます。


← 土台の石は明治初期まで存在した「茨木城」の石垣を使用しているそうです。
トンネルの奥(北側)に見える建物は伏見屋というトウフ屋さんで、この辺りでは有名な店らしく次々とお客さんが訪れていました。
大阪・茨木のねじりマンポ
所在地 茨木市田中町・上泉町
見学 自由
 
メニューに戻る