城跡探訪・兵庫城

JR兵庫駅から東へ歩くこと約12分程で新川運河に行き着く。

川岸はきれいに整備されていて、「キャナルプロムナード(運河遊歩道)」の看板が設置されています。
新川運河の歴史と記された解説板によりますと、兵庫津には江戸時代以来の舟入場が南北に二ヶ所あったものの、いずれも狭く、しばしば船舶が風難に遭うため、新川運河の開削を明治7(1874)年に開始する。当初の予定では、駒ヶ林海岸から和田岬を迂回せずに兵庫に入港できる兵庫運河を計画しましたが、財源の目途がたたず、結局、半円形の運河を開削するに留まった。その後、明治29年になって当初の運河計画案の実施に乗りだし、同32年12月に兵庫運河が完成し、新川運河と一体化されたそうです。
そのプロムナードの一角に、なにやら白い看板と石碑が立っています。
石碑には「兵庫城跡」と刻まれていますが、解説文の1/3位が消えかかっており、すんなりとは読めませんので、読めるところと、新人物往来社刊『日本城郭体系12』に掲載の解説文を要約して下に記します。

天正八年(1580)に池田信輝・輝政父子が花隈城を落とした功によって兵庫の地を与えられ、同九年(1581)に花隈城の石材などの一部用いて天守閣を備えた城を築いた。同十一年(1583)に信輝は美濃の大垣へ転封となり、羽柴(豊臣)秀吉の直轄地となった。その後、大坂落城の元和元年(1615)に尼崎藩領となり、兵庫陣屋とよばれ、奉行が置かれていたが、明和六年(1769)に江戸幕府の直轄領とされ、勤番所が設けられて、大坂谷町代官支配となった。明治元年(1866)正月、明治政府はここに兵庫鎮台を置き、同年二月に兵庫裁判所、同年五月に兵庫県庁と改称し、初代知事に伊藤博文が着任した。
 城の規模は「神戸の史跡」によると、神戸市中央卸売市場の西側、切戸町・中之島の一部にかけて東西・南北共にだいたい140mの地域で、所々に門を設け、郭内を城下町とし、寺院を郭内の要所に集めて寺町とし、守りを固めていた。築城後は合戦もなく、平和な時代が続き、記録上にもほとんど現れていないが、慶長十二年(1607)に朝鮮使節一行がこの城に招かれ、城の調度の立派さに驚いたことを日記に残しているぐらいで、城の構造などについて詳しいことは明らかでない。
 明治七年(1874)新川運河の開墾が行われ、城跡の中心地はほとんど川底になってしまった。

かもめが居並ぶ新川運河の向こうに神戸市中央卸売り市場が望める
少し北に進んだ所の入江橋上に、こんなゆるキャラ?が設置されています。解説板によりますと『ここ兵庫区は奈良時代より天然の良港として知られ、大輪田泊と呼ばれ親しまれてきました。平安時代には平清盛によって経が島建設などの大修築工事が行われ、日宋貿易の拠点となりました。その後も国内で第一の港として賑わい、そして、明治元年には兵庫港が開港され、今日の神戸港発展の基礎となりました「。清盛がいなければ現在の兵庫の発展はなかった」と、平清盛を地域のシンボルとしてPRすることを決め、平成17年に清盛像(きよもりくん)を製作・設置した』との事。
兵庫城跡(石碑の場所)
所在地 神戸市兵庫区切戸町5
交通 JR兵庫駅から徒歩約12分
見学 自由
訪問日 2015年2月14日
メニューへ戻る