京都:法金剛院の蓮花

JR嵯峨野線・花園駅から西に歩くこと約2分で、この寺の表門に辿りつきます。中門のところで
拝観料を支払い、蓮花の咲く苑池に向かいましたが、池の蓮花は白色ばかりであまり派手さがあ
りません。しかし、参道の両側や礼堂・勺殿前には鉢植えの珍しい蓮がたくさん置かれており、間
近に蓮花を観賞や写真撮影できますので、むしろこの方が有り難いです。なんでも、昔は池の蓮
だけしか無かったそうですが、ある時期その当時の住職さんが大賀蓮を鉢で育てたことに始まり
年々珍しい品種を増やしていかれて、現在のような状態となったそうである。
では、沢山撮った花の中から名前や形が珍しい品種を少しばかり紹介します。まだ朝7時からの
観蓮会が始まったばかりですので、8月3日の観蓮会最終日までの間に、また違った品種の花が
次々と咲き競うと思われます。                           撮影 2008年7月14日
黒坊蓮 紅八重茶椀蓮 青華蓮
桜蓮 酔妃蓮 仏足蓮
     
金輪蓮  西円寺青蓮  蜀紅蓮 
 上の写真クリックで大きい写真(640×427)を表示します
法金剛院  2008年観蓮会:7月12日(土)〜8月3日(日) 7時〜16時
所在地:〒616-8044 京都市右京区花園扇野町49 地図  TEL:075-461-9428
拝観料:400円 交通:JR嵯峨野線・花園駅から西に徒歩約2分 駐車場あり 無料

メニューに戻る