本薬師寺跡のホテイアオイ(布袋葵)

メニューに戻る

2005年9月4日

奈良県橿原の里「本薬師寺跡(もとやくしじあと)」で、ホテイアオイが満開との報を聞き付け出かけた。

近鉄橿原線の畝傍御陵前(うねびごりょうまえ)駅で降りる。
この駅の改札は地下にあるため、地上には駅舎が無く、階段屋根に駅名表示がある。
駅の東側階段を上がったところの道を、東に真っ直ぐ進む。

駅の近くには建物が多いが、少し進むと右側に田園風景が広がってくる。
その奥に目をやると、一面の緑色の地表から白い花が沢山が顔を出しているのが見える。
ここが本薬師寺跡の布袋葵の群生地である。

休耕田に水を張り、育てられている。
名称:ホテイアオイ(布袋葵)

目科:ミズアオイ科

原産地:南アメリカ

国内での分布:本州以南

地域によっては害草に指定している所もあるそうだ。
繁殖力が強く、どんどん走出枝を伸ばして広がっていき、葉の間から立ち上がった花茎に淡紫色の美しい花を多数つける。
花期は6月から11月となっているが、ここの花期は8月初〜9月末位だそうだ。
ひとかたまりの花は揃って咲くが、一日でしぼみ花茎は倒れてしまう。しかし次の日には新しい花茎が立ち上がり、いっせいに開花するそうだ。
その為に満開時期であっても、その日によって花茎の数にばらつきがあり、極端に花数が少ない日もあるとの事。
よく見ると葉っぱの根元に球状のふくらみが見られる。この内部はスポンジ状の構造となっており、そこに空気をためて水上に浮かんでいるのだそうだ。

このふくらみが、布袋さんのお腹に似ているところから、ホテイアオイの名が付いたとの事。
その広大なホテイアオイの群生地の入口付近に、大きな木が茂る小高い場所がある。
この辺りが本薬師寺跡であり、その事を表す碑が建っている。

本薬師寺は、天武9(680)年、天武天皇が皇后(後の持統天皇)の病気平癒を祈念して、発願された寺であり、文武2(698)年に伽藍はほぼ完成したと伝えられている。
養老2(718)年に平城京遍都に伴い平城京右京六条二坊に移転するが、その後も平安時代中頃まで、本薬師寺と呼ばれて存続していた寺である。
本薬師寺跡のホテイアオイ





撮影 2005.9.4

メニューに戻る