早春の北海道旅行
(レブンアツモリソウと東藻琴のシバザクラを求めて)
   
 某年5月29日

 伊丹空港発の早朝便(羽田空港乗継)で北海道に向かう。
 女房がぜひ見たいという、礼文島でしか咲かないレブンアツモリソウを見るためである。

 途中、機内から富士山を見ることが出来た。上空から富士山を見るのは、初めてである。

 羽田空港で乗り継ぎ、新千歳空港へ。そこから観光バスに乗り換え、一路稚内へ。
 本日は稚内のホテルに宿泊。

 年5月30日

 これまた早朝便のフェリーで礼文島に向かう。

 観光バスで、レブンアツモリソウの群生地に向かう。

 周りは熊笹の丘陵地帯が延々と続く。

 これが日本のここでしか、又この時期(5月中旬から6月上旬)にしか見ることができない、レブンアツモリソウである。

 なお、アツモリソウという品種は、本土にも有るそうだが、赤などの色付きだそうで、こういった白系の花は無いそうだ。

 このレブンアツモリソウ、以前は島内のあちこちで見られたそうですが、観光客が持ち帰ったりしたため、今ではこの場所でしか見られないそうだ
 盗難を防ぐため、現在は監視人が見張りをしています。
 ホテイアツモリソウ

 レブンアツモリソウに混じって咲く、この一群だけ見つけました。

 昼食後桃岩展望台へと向かう。

 これが桃岩である。なるほど桃の格好によく似ている。どういう経緯でこんなものが出来たのか不思議だ。なお大きさが分かりにくいが、岩のふもとに見える白い点が小型乗用車である。

 この後、フェリーで利尻島へと向かう。

 利尻島で見かけた花

 ミヤマオダマキ 

 センダイハギ
 エゾカンゾウ

 この日はこの島で宿泊、翌朝フェリーで稚内に戻った。

 5月31日

 稚内から宗谷岬へ到着。ここが日本最北端の地である。最北端到達証明書をこの店で購入(100円)。

 オホーツクシーサイドラインを下り、上湧別町のチューリップ公園へ。
 この町は昭和30年代から輸出用として球根が栽培されていたが、同40年代のオランダ産球根のダンピングのため出荷が減り、チューリップの栽培は年々衰退していった。
 しかし、町の人々のチューリップへの愛着は深く昭和57年頃から、この場所にお年寄り達がチューリップ植え始めた。その畑が年々広がって行き、国道を通過する人々の注目を集めるようになったそうです。

 この日は、温根湯温泉泊まり。

 6月1日

 早めの昼食後、網走郡大空町東藻琴の芝桜公園へと向かう。観光バスが坂道をどんどん上っていきますと、突然こんな光景が目に飛び込んできました。乗客から思わず「うわ〜」と歓声が上がります。

 大きい写真あります

小高い丘陵8ヘクタールに広がる芝桜の丘。その一歩は、花好きの農家のひとりの若者が、終戦直後に庭に植えた一握りの株から始まったそうである。
それが今では、丘の全てがシバザクラで埋め尽くされる状態となっています。
 普通、樹木の下の植物は育たないはずだが、ここでは元気に育っている。
 アクセントとして、つつじが植えられている。
 西向き斜面の上方。人物の大きさからして、この芝桜公園が、いかに広いかが分かる。
 うしの絵柄は、この町のシンボルマーク。

 この後、摩周湖へと向かう。

 摩周湖に近ずくにつれ、だんだん霧が深くなる。
 案の定ご覧のとおりの「霧の摩周湖」で、何も見えませんでした。

 この後、釧路空港へと向かう。

 釧路空港から関西空港に向かう途中、機中から足元に広がる夕焼け雲を、見ることが出来た。

 <完>

総合メニューに戻る