城跡探訪・穂積城

JR茨木駅から直線距離で1km位の住宅街の一角に、こんな階段がある。立看板には中穂積春日神社と書かれ、階段の上方には鳥居がたっています。

この階段を上りきれば神社の境内かと思いきや、
階段はまだまだ上方へと続いています。
春といえども、うすら寒い日でしたのに、体がだんだん熱くなっていきます。
100段強の石段を登り切ると・・・
中穂積春日神社の境内に到着です。

境内の立看板によりますと、この神社の創建は不明ですが古くから中穂積地区の鎮守の神として崇められてきたそうです。
拝殿?の奥に格納庫のような建物があり、その横に「旧跡 穂積城跡」の石碑が建っています。その右側にある解説板の内容を以下に記します。
穂積城(砦)

現在、中穂積の春日神社境内になっている小高い山は、茨木の町を一望できる格好の場所であり、昔から何らかの要地として利用されたことが考えられます。
「大阪府全志」によると、塁堡(るいほ)の址(あと) 春日村中穂積 塁堡の址は字地(あざち)に”城の掘”と称するあり。「摂津志」に塁堡の址ありと記せるは、是れ、その所ならんかと書かれており、城跡(砦)があったことが伺われます。
しかし、城(砦)があったとしても、その築城年数や城主・興廃など詳しいことはわかっていません。
ただ”城の掘”という小字が今の済生会病院の辺りで、その西側の小字”山の下”まで上り坂が続き、そこから山上までの間に土塁状の平地があり、ここに城としてのなんらかの施設があったとも考えられています。さらに山上は広い平地となっており、これらの地形や地名などからみて、何らかの塁堡(砦)が存在していたことが想定されています。

茨木市教育委員会
現在、境内の周囲には高木が生い茂り、下界を見渡すことが出来ませんが、一部の木々の間から町並みを垣間見ることができました。なるほど!こんな感じで四方が見渡せる場所なら城があってもおかしくないな・・・・と思いながら下山しました。
訪問日:2011年3月19日
穂積城跡
所在地 大阪府茨木市中穂積2-16
交通 JR茨木駅より徒歩約15分
 
メニューに戻る