秋の保津川下り

保津川は京都府の中央部・丹波高地に源を発し、山間をめぐりめぐって園部から亀岡市に至り
再び山間の峡谷16qを流れて天下の名勝嵐山につき、鴨川と合流して淀川に入る。この川の亀
岡から嵯峨嵐山(京都市右京区)までを、保津川という。
「川下り」というのは、保津川の水流を利用して下流にある京都・大阪に物資を輸送することはじ
まった言葉であり、いわゆる水運である。この歴史は古く京都に都が造営される以前から行われ
京都嵯峨の天竜寺・大阪城・伏見城などの造営に保津川の水運を利用して、遠く上流の丹波か
ら木材が輸送された。
その後も昭和23年頃までは、丹波の質のよい木材・穀類・薪炭などが京都に運ばれていたが山
陰線の開通や戦後のトラック輸送の発達によって、筏と商船による水運利用はしだいに姿を消し
ていった。
ところが保津川渓谷の自然美は四季を通じてすばらしく、変化に富んだ景観は、まさに人の目を
とらえて離さないため、明治28年頃から遊船として観光客を乗せた川下りがはじまったのである。
 
2005年11月28日

その川下りを体験しようと、旧職場のOB達5名と一緒にJR保津川駅を降り、看板に従って歩を進める。
しかし、京都では青空が広がっていたのだが、電車で亀岡に近付く辺りから急に霧が立ち込めだし、あまり視界がきかない。

そういえば、京都発の電車が「亀岡付近の霧のため」とかでダイヤが乱れていたっけ。
ほどなく乗船場に到着します。

ここで乗船の順番を確定するために、代表者の氏名と乗船人数を申し込み用紙に記入して乗船券を購入します。
この時に待ち時間は約40分と告げられ、コーヒーなどを飲みながら時間待ちをする。

20分位経った時点で、突然館内放送で「JR線が霧のために遅れ、船頭さん達が嵐山から戻ってこれないので待ち時間が+25分位になるかも・・・・・」と告げられる。
船頭さんなしでは船は出ない。仕方がないので船着場をうろうろし紅葉を見つけては写真を撮ったりして、時間を過ごす。

その内に、今まで霧に包まれていたのが次第に晴れ、視界がよくなってきた。

順調に乗船出来ていたなら、何も見えない霧の世界を遊覧することになったかもしれないので、電車が遅れたことが幸いとなったのかも知れない。
しばらくして船頭さん達が到着した模様で、乗船者の名前が放送されだしました。東京の○○様・福岡の○○様・台湾の○○様・・・・・・と呼ばれる地域は全国区、大阪・京都などから来ている人は数少ない。

人数が揃った船から、順次出航して行きます。
一船に24名づつで五艘の船が出て行ったが、まだ我々の名前が呼ばれない。
自分達の前に、随分沢山の人達が順番を待っていたことを思い知る。
そして6船目にやっと名前が告げられ、一番前の席を確保して、いよいよ出発です。

結局、乗船まで約1時間待ったが、丁度霧も晴れて視界が良くなったので、万々歳である。
船頭さんは一船に3人で運行します。 一番前の方は長い竿で川底を押して船をすすめ、障害物をこの竿で突いて避ける役目、二番目の方はオールで漕ぐのみ、後の方は長いオールで漕ぎながら舵をとり舟を進めます。水量の多い時は船のスピードが速くなりコントロールが難しいので船頭さんは5人になるそうです。


これから先の景観はこちらをご覧ください。
参考資料

保津川下り 亀岡→嵐山 16q

乗船料金:大人3900円 小人2500円

出船時刻:(3月10日〜11月30)

9:00 10:00 11:00 12:00 13:00 14:00
15:30

*一船定員になり次第随時出航する事もある

*土・日・祝日は不定期運行となる。

所要時間 約2時間
雨天の時 船にテントを張り通常どおり運行

メニューへ戻る