京都:平岡八幡宮-花の天井

平岡八幡宮は高尾山神護寺の守護神として、弘法大師(空海)が平安初期に自らを描いた「僧形八幡神像」を御神体として創建された山城国最古の八幡宮。室町時代の応永14(1407)年、火災により社殿が消失したが、時の前将軍・足利義満によって再建。江戸末期、文政9(1826)年に至り、時の仁孝天皇の命を受け社殿が修復され、文政10(1827)年に、画工・綾戸鐘次郎藤原之信により、神殿の天井に44枚の極彩色の花絵が描かれました。
2009年3月16日、その天井画の拝観と椿見物を兼ねて当八幡宮までやってきました。
京都市営バス「平岡八幡前」で下車すると、すぐに鳥居が目に留まります。なだらかな坂道を上っていくと3分程で「お札受所」に到着。花の天井の拝観を告げ600円を支払うと「お車ですか」との問いに「いいいえ」と答えると「では、お神酒をどうぞ」とのことで一杯いただく。団体さんが見学中との事で待つことしばし
「皆さんどうぞ社殿にお上がり下さい」との宮司さんの声で、10人位の人達と一緒に正面の赤い階段を上りますと、神殿の天井に描かれた花絵が見て取れます。
ここで一人一人に渡されてのが下のようなファイルで、天井画の並び通りに区切られたマス目内に花の名前が入れられています。
今やカナで表す事が多くなっている花の名前だが、ちゃんとした漢字が存在することを再認識させられると同時に、カナがふってないと読めないものが多い事に愕然とする。
宮司さんの話によりますと、天井画と同時に描かれた壁絵は、光が当たるので色が消えてしまっているが、天井には光が当たりにくいため、今でも極彩色が消えずに残っている・・・・等々、ひと通りの説明が終わると「では皆さん花名ファイルと見比べながら、ゆっくりと観賞し、お帰りの際は休憩所で梅入り茶でも飲んで一服していって下さい」と言って引き下がられました。これからが本格的な天井画の観賞時間です、みなさんファイルを片手に、上を見ながらあちらこちらと動きまわります。しかし、実際にじっくりと見てみると鮮やかな色彩と構図のすばらしさに感心させられます。
笹百合(ささゆり) 万年青(おもと) 芙蓉(ふよう) 高尾楓(たかおかえで)
 
花の天井の観賞が終わり、赤い毛氈を敷いた休憩所の床机に座って一服していると、梅入り茶が運ばれてきました、小さな結び昆布も一緒に入っています。
お茶をすすりながら、ふと前を見るとガラスの器に椿の花が浮かべられているではないか!
多分この神社の境内に咲く椿を集めたと思われるが、こうして色々な品種の椿を、ひと目で眺めるのも良いものだ。
あんな綺麗な椿が咲いているのか!と、社殿の前にある「椿の小径」に向かいましたが、花があまり見当たりません。

ちょうど通りかかった宮司さんに伺うと、椿はこれから、桜の咲く頃に又来てください・・・・との事。
その頃には、「桜」・「椿」・「花の天井」が一緒に見られるかも知れません。

社殿でお話があった「白玉椿」の所在を伺い通路の反対側の地主社の庭に向かいます。


ありました、これが「白玉椿」です。
故事に「願い事をすると白玉椿が一夜で花開き、願いが成就した」という記載があり、白玉椿伝説と呼ばれており、その椿の古木(樹齢・約150年)が純白の花を付けていました。



              終
平岡八幡宮:花の天井・春の特別拝観
期間:2009年3月14日から5月17日迄
料金:600円
所在地:京都市右京区梅ヶ畑宮ノ口町23 地図
TEL:075-871-20840
交通:京都市営バス(四条烏丸駅発8系統「平岡八幡前」下車)
    JRバス (JR京都駅発 高尾/京北線「平岡八幡」下車)
駐車場:有り(無料)

メニューに戻る