東大阪市・枚岡梅林

1011年2月23日
近鉄奈良線・枚岡駅に降り立った 駅前の枚岡神社への階段を上る
枚岡神社の鳥居をくぐり 少し先の右に折れる道を進むと
案内板があります 少し進むと梅林の入口です
枚岡梅林は明治14(1939)年に、枚岡神社の氏子であった地元有志達が、この地に梅の木を植えたことにはじまるそうです。
現在、枚岡梅林は昭和13(1938)年より大阪府営枚岡公園の一部として開園され、毎年梅林の充実・育成を図られることにより、二月中旬頃より白梅、紅梅あわせて約450本が開花し、春の訪れを知らせてくれます。
この日、訪れた時は部分的に満開に近い木がありましたが全体的には3分咲き位でした、
しかし、昼から気温がぐんぐん上がり、開花がかなり進んだように感じられます
昼前に、どこかの”歩こう会”のメンバー150人位が昼食場所として立ち寄ったため大混雑!
彼らが引き上げた後はひっそりです
大阪府の公園ですから拝観料は要りません
八重寒紅(やえかんこう) 月影(つきかげ)
芳流閣(ほうりゅうかく) 思いのまま(おもいのまま)
道知辺(みちしるべ) 白梅(はくばい)
呉服枝垂(くれはしだれ)
南高梅(なんこうばい) 緋梅(ひばい)
紅枝垂(べにしだれ) 扇流し(おおぎながし)
梅花越しに東大阪の町並みを望めます
枚岡梅林
所在地 大阪府東大阪市出雲井町
交通 近鉄奈良線・枚岡駅下車徒歩5分
公園の駐車場は一駅先の額田駅に近いので電車がお奨め
入林 年中自由・無料
問合せ 072-981-2516(公園管理事務所)
メニューに戻る