桜の姫路城を行く

姫路城は平成21(2009)年秋から改修工事が始められています。今までは準備期間ということで大天守工事には及んでおりませんでしたが、いいいよ平成22(2010)年4月12日から本格的な工事が始まり、天守は素屋根で覆われ、平成26(2014)年の工事が終了するまでの間、あの優美な姿を見ることが出来なくなります。 その事を知ると人間の心理として、今年は「桜の姫路城」を見ておかなくては・・・・・となるようで、姫路城に観光客が例年の1.5倍押し寄せ、大変混雑しているそうです。私も年齢的に今回見過ごすと、もう見られないかも知れない・・・との思いで、平成22(2010)年4月5日に訪れました。
城郭の入口からは、見頃を迎えた桜の向こうに大天守閣が望めますが、曇り空では今一つ映えません。本日の天気予報は曇りのち晴れということですので、空が晴れるまでの間に城の周りを探索することにする。
国道2号線を西に約500mの所に、こんな欄干と親柱を持つ橋が存在する。なんでも、昭和8(1933)年、車の通行量増に合わせた国道の改修事業で、埋め立てられた姫路城の中濠が道路用地となり、この白鷺橋(はくろばし)はその時に完成したとの事。昭和63(1988)年に道路拡幅工事で橋の架け替え案が浮上した際に、付近の住民達の「この橋を壊さないで」の要望をくみ、北側の欄干を北に10m移すことで、橋の意匠はそのままに道幅が広がったそうである。
 
堀沿いの地道
を北に歩く。
水面に枝垂る 
桜がきれいだ。
 
しばらく進むと、市ノ橋門跡に着く。ここから北に向かって延びるのが「千姫の小径」(せんひめのこみち)です。これは西部中濠と船場川の間に南北にのびた土の道です。道にはモミジや桜が植えられ、左右の水辺で見かける、さまざまな野鳥達と共に心を和ましてくれる散策路となっています。
千姫の小径
←シラサギ
アオサギ→
 
その後「清水門跡」に到着し、見上げる空
には大天守が僅かに頭を出しています。
丁度、天守の裏側にあたる
場所までやってきました。
 
そこには沢山の紅枝垂桜が植えられており、いちだんと華やかな感じがします。

紅枝垂桜に天守閣を入れて撮ってみました。
 
国宝姫路城の北に、城下町とは異なる一角がある。昭和4(1929)年、姫路市の上水道建設時にできた町裏浄水場(水源地)である。この八角形の建物は節制室で全部で4基あり、現在も稼働中との事。
なお、水源地は金網フェンスと生垣で囲ってあります。下の写真は僅かな隙間から望遠で撮ったものです。
満開の桜がよく似合う? 姫路城とはアンバランス?
 
城の東側からは大きなクレーンが邪魔をして写真は撮れませんでした。せめて花見時だけでもクレーンを横に倒すなどの配慮が欲しかったです。


←護国神社の横から撮ったものですが、残念ながら工事用の鉄骨(クレーンの台?)が写り込んでいます。
 
姫路城の外郭を一回りして元に戻り、大手門から三の丸広場に入ります。ここで見たのが長蛇の列。どこかの旅行会社の添乗員が自分の担当客に説明している話が聞こえてきます、「登閣口まで4〜50分位・城閣内の見学に2時間位かかるので、約3時間と思ってください」。これを聞いて登閣はあきらめ、青空が広がるのを待つことにします。
 
千姫ぼたん園は桜の大木が沢山あり桜ドームにいるような感じです。この辺りをうろうろしながら城の写真を撮りますが、やはり青空が欲しいところです。待つことしばし、急に青空が広がってきました。
やっぱり姫路城は青空と桜がよく似合う。
少し場所を移動して、もう一枚! これで納得です。
撮影 2010.4..5
メニューに戻る