吹田市片山公園・平和のバラ

2015年5月10日

吹田市の片山公園で「平和のバラ」と呼ばれるバラがあると知り、出かけてみました。

ここは、「城跡探訪・吹田城」でも紹介した所であり、この奥の小高い所が城跡だった可能性があることから、吹田市も公園とするに当たり「模擬石垣」や「模擬虎口」を出入口に設けられています。
階段を上り頂上部を横切って、丘の向こう側に下りると、前方に赤や黄色の花が目に留まります。

ここが片山公園のバラ園のようである。

バラ園の中央部に「平和のバラ」についての解説板がありました。それによりますと・・・・
 第二次世界大戦後、広島市で原爆被爆者の治療にあたられていた、原田 東岷(はらだ とうみん)氏が「地上をバラでいっぱいにし、争いのない世の中をつくろう」との願いから、世界の人々に広島の名をつけた新しい種類のバラづくりを依頼されたことに始まります。
 そして、それに応えてイギリス王立バラ園などが二年の年月をかけて、ヒロシマを冠する新品種を作られ、その苗木は日本国内はもとより、米・英・中国などで大切に育てられていて、このバラ園でも見ることができます。
レッド ヒロシマ ヒロシマ スピリット
フェニックス ヒロシマ ミス ヒロシマ
上記品種名は名札の位置がはっきりせず、間違っているかもしれません。
「平和のバラ」以外にも様々な品種が栽培されており、この花壇には約50種250株のバラが咲く。
高雄 天津乙女
フリージア ホワイト ライトニン
アルテス’75
その他、公園内では「シラン」なども咲く。
吹田市片山公園・平和のバラ
所在地 大阪府吹田市出口町
入園料 無料 (年中無休・時間自由)
交通 阪急・吹田/豊津駅から徒歩約7分 
JR吹田駅から徒歩約15分
駐車場 有 32台 最初の30分無料
  /その後30分毎に100円
メニューに戻る