服部緑地・朝顔のスカート

服部緑地に「朝顔のスカート」が出来たことを知り出かけました。

北大阪急行・緑地公園駅を降りて公園に向います。この道は緑地への導入路で、両側に大きなマンションなどが建つビルの谷間なのですが、緑のトンネル内を歩んでいると、そんな感じは全然しません。
このトンネルを抜けると、服部緑地公園の東中央広場に到着します。この噴水彫像は「白昼夢」とのタイトルで平成3(1991)年に日本宝くじ協会から寄贈されたものだそうですが、この黒い物体が何か不気味で、あまり好きになれません。府民の公園なら、もっと明るい色の物の方が良いのにな・・・と思ってしまいます。
ここは「日本の都市公園100選」にも選ばれていて、甲子園球場の約33倍という広さを誇り、日本民家集落博物館・野外音楽堂・陸上競技場・乗馬センター・テニスコート・ウォーターランドなど多彩な施設がそろっています。
肝心の「緑のスカート」は西中央広場にあるとのことで、そちらに向かう途中、「フラワー通り」という両側を花壇で彩られた通路を通ります。大阪の最高気温が34℃とかいう時期でも、色々な花が咲いているものです。
ジニア・リネアリス(ヒャクニチソウ) パンパスグラス(イネ科)
メドーセージ オキシペタラム(ガガイモ科)
ジニア(ヒャクニチソウ) エキナセア(キク科)
アゲラタム(キク科) ペンタス(アカネ科)
そして「フラワー通り」の終点が近付くとフラワータワーが見えてきます。
なるほど、タワーの裾は朝顔による緑のスカートとなっています。
これは、服部緑地が初めて企画したイベントで、フラワータワーの途中からロープを放射状に張り、そこに朝顔を這わせたものです。
朝顔のツルはもうロープの先端に達し、行き場が無くて困っている状態となっていますが、この暑さのためか、きれいな花は少ししかありません。
もう少し涼しくなって元気が回復すれば、このスカートに赤・白・青の朝顔模様が入りきっと綺麗になると思います。


下に、わりと元気そうな朝顔の花、ピックアップしました。
服部緑地公園

公園マップ

交通アクセス

問い合わせなどは

こちら
撮影 2009.8.19

メニューに戻る