服部緑地の冬咲きチューリップ

2010年1月19日
豊中市の服部緑地公園で冬咲きチューリップが見ごろを迎えたとの報を見て訪れました。
大阪市営地下鉄「緑地公園駅」寄りの「東中央広場」には「噴水彫像:白昼夢」の周りにピンク系チューリップのプランターが並べられています。
 
円形花壇に向かう階段の両側にもあります

レストハウスの前には赤と黄のチューリップが並びます。
チューリップの開花は通常、3月〜4月上旬です。どうしてこの時期に咲くのか不思議ですが、チューリップは球根の状態で人工的に冬場の寒さを一度経験させる(冷蔵庫で冷やすなど)と開花が早くなるそうで、公園管理事務所が今回はじめて試みて成功したとの事。今後2月中旬まで約4千本が次々と開花するそうです。
以前、「朝顔のスカート」で紹介したことがある西中央広場の「フラワータワー」の周りにもチューリップが沢山置かれています。

西中央広場・日本庭園側の石垣上にも・・・
その他、阪急電鉄曽根駅側入口のハボタンとの寄せ植や、「こどもの楽園」の入口でも見られますし、ほかにも探せばもっとあるかも知れません。
公園内では菜の花が咲き出し、梅林の紅梅もちらほら咲き出していました。
春はもうすぐ近くまで来ています。

公園マップ・交通アクセス・問い合わせなどは こちら

メニューに戻る