城跡探訪・近江八幡城

2015年7月25日

 久しぶりに「近江八幡」にやってきました。

 この辺りは約9年前に、明治〜昭和初期の建物を紹介する「滋賀レトロ」を作成するため、度々訪れたところです。しかし、この八幡山に関しては、何も知らずに素通りしていましたが、最近になって、この山が城郭であったことを知り訪れてみました。
 標高286mの低い山ですが、このくそ暑い時期に歩いて登る気にはなれませんので、一寸高いかな(往復880円)と思いながらも、ロープウエーに乗ってしまいました。

 頂上までは、わずか数分で到着します

 頂上駅舎から外へ出たとたんに、驚きました。年期が入った立派な石垣(二の丸跡)が目の前にあります。

 とりあえず、展望館の方向に進みます。
展望館からの眺めが素晴らしいのですが
二階の壁面に掲示された城郭の資料で、まずはお勉強です。
近江ゆかりの戦国武将豊臣秀次


永禄11年〜文禄4年(1568〜1595)

 豊臣秀吉の姉の子。天正13年(1585)近江国八幡山城主となり、次に尾張・伊勢を領する大大名となった。天正19年(1591)、秀吉の子鶴松が天逝すると秀吉の養子となり、跡継ぎとして関白になった。

 しかし、秀頼の誕生により跡継ぎの地位が危うくなったためか、次第に粗暴なふるまいが目立つようになり、秀吉に謀反の疑いをかけられて高野山に追放され、切腹を命じられた。
 八幡城は天正十三年(1585)豊臣秀吉の甥に当たる豊臣秀次が近江四十三万石を与えられ。琵琶湖に臨む標高286mの八幡山に築城した。秀次は若干十八歳の青年大名だった。築城とともに城下町の建設に情熱を注ぎ、安土城から多くの住民を移住させたという。
 山麓には琵琶湖から水を引いた八幡堀をめぐらしたが、これは単に城の堀というだけではなく、運河の役目も果たし、商業の発展を願って築かれたものである。
 天正十八年(1590)小田原征伐の軍功により、秀次は尾張・伊勢を与えられ、百万石の大守として尾張清洲城に移り、代わって京極高次が二万八千石で八幡城主となった。
 文禄四年(1595)京極高次が大津城に移ると八幡城は廃城となった。皮肉にもこの年、豊臣秀次は秀吉の逆鱗に触れ、高野山で自刃。
 城は廃されたものの、秀次が築いた碁盤模様の城下町は存続し、近江商人の町として江戸時代を通じて繁栄した。近江八幡市には現在もなお、その面影が色濃く残っている。
八幡城は、JR琵琶湖線・近江八幡駅の北西約2.5kmのある独立丘鶴翼山、通称八幡山の南半分に築かれた城で、比較的急峻な山城である。
 八幡山は南北に3kmの規模を持つ山で、現在は陸の孤立丘であるが、築城当時はその東西に内湖を持ち、南に広がった平野部に城下町を配して安土城と類似した占地に築かれたいる。
 城は山の最高所に本丸を設け、ここから八の字形に派生する東西の尾根と、北に延びる尾根を中心に主郭郡が築かれている。本丸の南東に二の丸、西方に西の丸、北方に一段低く連なる北の丸と南西尾根上の出丸から構成されている。


資料:日本城郭大系第11巻(京都・滋賀・福井編) 新人物往来社発行
八幡城・城郭図面(主要部)
二の丸跡


展望館を通り抜けた所が「二の丸」跡である。

大木が茂っていて、薄暗い。

二の丸から少し高い所に本丸がある。
本丸跡


さすがは本丸跡である、ここからの眺めも抜群で右奥には近江富士(三上山)が望めます。
本山村雲御所瑞龍寺門跡

八幡城本丸跡に建つ日蓮宗の寺院。

 秀吉により自害させられた秀次の菩提寺として、秀次の母により京都の村雲に創建され、昭和37年(1962年)ここに移築された。本尊に一塔二尊四菩薩が祀られている。毎年6月第1日曜に八幡山地蔵尊まつりが行われる。
「北の丸」跡 「北の丸」跡からの展望
本丸の周囲を歩くので常に石垣が見える 「西の丸」跡
「西の丸」跡からは琵琶湖が一望の下に望めます。
八幡堀
八幡山と八幡堀
近江八幡城跡
所在地 滋賀県近江八幡市宮内町
交通 JR琵琶湖線・近江八幡駅からバス約7分「大杉町」下車 徒歩約5分でロープウェイ乗場
ロープウェイ 往復 大人:880円 小人:440円
営業時間 09:00〜16:30(上り最終)
休日 年中無休
TEL 0748-32-0303(八幡山ロープウェー)
メニューに戻る