春を待つ万博記念公園

メニューに戻る

   2005年2月4日

この時期に咲く公園内の花を求めて
日本庭園を散策。


心字池
最初の発見はロウバイ。


冬〜早春に香りの良い蝋細工のよう
な黄色い花を付ける。
ツバキ

ヤブツバキを主として、改良された。
園芸品種の数は2000はあるとの事


ツバキ-2
ツバキ-3
アセビ

本州〜九州、中国に分布。
山地の尾根や乾燥地に多い。
早春、白い壺型の花を多数つける。
ミツマタ

中国に分布。慶長年間に渡来。
和紙の原料として使用。
枝は3本づつに分枝する。
ミツマタの蕾
迎賓館前の泉

ここで石の上にいる「かわせみ」を
発見!
かわせみ

全長17センチくらい。頭から背にか
けて光沢のある青緑色、腹は栗色。
くちばしは大きく、黒色で、雌は下く
ちばしが赤。水に飛び込んで魚を捕
って食べる。


初めて撮影に成功。
タマリュウ

リュウノヒゲの園芸品種

葉が短く株全体が玉のように丸くなる
秋には青紫の実を付ける。
日本庭園の梅園

規模は自然文化園のものに比べ
て小さいが、早咲き種はすでに開
花していた。

写真は「大盃(おおさかずき)」
初雁(はつかり)
花しょうぶ田の傍らで咲く水仙
きれいな椿を発見!
マンサク

本州〜九州に分布し、まだ寒さが
残る頃に黄色のちぢれた花弁の
花を開く。
ヒイラギナンテン


中国・ヒマラヤ・台湾に分布し、ナ
ンテンに近い仲間で、ヒイラギのよ
うなとげのある葉をつける。
日本庭園で梅の開花を見たので
自然文化園の梅園の偵察に向かう

途中、平和のバラ園をみてビックリ
この寒い時期でも花が咲いている
ではないか!

品種名=ルンバ
品種名=ジュニア ミス
太陽の塔は今日も元気
自然文化園の梅林も早咲き種が
かなり数で咲きだしている。もうす
でに見物人やカメラマンがちらほら
訪れていた。
2月5日からは梅まつりが始まるそう
で、赤い毛氈をかけたベンチやボン
ボリがすでに用意されていた。


万博記念公園梅まつり&開花情報
今年は日本万国博覧会開催35周年
に当たり、これを記念して35の新しい
品種を植えたため、従来の品種と合
わせて70種となったそうです

写真は新導入品種

扇流(おおぎながれ)
全ての葉を落とした西大路の並木は
本格的な春の訪れを待っています。




メニューに戻る