大分県:原尻の滝(東洋のナイアガラ?)

2009年9月7日 この日は、まず「原尻の滝」の観光である。「原尻の滝」は「東洋のナイヤガラ」とも呼ばれ、日本の滝百選にも選ばれているそうで、期待がかかります。
宿泊先の牧ノ戸温泉・九重観光ホテルを出発して約一時間、滝のあるところと言えば山間部だろうと思っていたのに、田畑が広がる平野のど真ん中でバスが停車します。稲穂が茂る畦道を、かわいいぬいぐるみ人形達に出迎えられて進みます。
細い一本道を前の人に続き「こんな平野のど真ん中に、ほんまに滝があるの?・・・・」思いながら進むと、突然こんなところに出ました。太い木柱には「緒方川」「滝見橋」とのプレートがはられています。よく見ると角柱からロープが張られていますので、どうやら吊橋のようである。
あわてて横手に回り写真を撮りましたが、この吊橋は人が一人通れるくらいの幅の狭いもので、九重”夢”吊橋と違ってよく揺れます。誰かが面白がって揺らすのか上下左右にすごく揺れます。
人が立ち止まると、後ろの人が進めませんので、一番最後に渡り、中ほどでカメラを構えましたが、かなりの揺れです。ブレが心配でしたが何とか撮れていました。
吊橋を渡り少し進んだ所から違う角度でもう一枚
これが幅120m・高さ20mの原尻の滝である。この位置からだと、緒方平野の真中に突然落ち込む様がよく分かります。
切り立った断崖の上部には、コンクリートの幅広い橋?が架けられていますので、車での通行も可能です。

滝の上流は平野の中を流れる浅い川で、川の中に鳥居が立ち、高い土手らしきものは見当たりません。
一方、下流は背の高い土手が形成され、大きな木々が茂っています。どうして、こんな地形が出来たのか不思議に思います。
大きな岩の上に人為的に置かれたように見える、小さな岩がちょっと気になりました。
               もう一度、吊橋に戻って主滝を撮影。         撮影 2009.9.7
原尻の滝
所在地 大分県豊後大野市緒方町塩尻  地図
交通 JR九州豊肥本線緒方駅より竹田交通バス「竹田方面行き」で10分、「原尻の滝入口」下車。
駐車場 あり(無料)
問合せ 緒方町役場産業振興課  電話 0974422111

メニューに戻る