城跡探訪・原田城

阪急電鉄宝塚線・曽根駅から西に約500メートル程先の住宅街に、樹木が生い茂るこんな区画がある。約2950uの敷地は原田城跡(北城)の主郭の一部に相当し、戦国時代末期(16世紀末)に廃城となったあとは個人の所有地となっていました。明治43(1910)年、箕面有馬電気軌道(現阪急宝塚線)の開業以来、軌道沿線に相次いで郊外住宅地が開発されるなか、城跡付近もまた昭和10(1935)年頃に住宅地として開発・分譲され、その一角を当時の住友化学工業KKの役員の一人であった羽室廣一氏が個人の住宅建設のために購入されたものだそうです。
宅地の南側に回りこむと石垣の前に「原田城跡」の碑がありました。
記念物(史跡) 原田城跡
 原田城の造られた年代は明らかではありませんが、室町時代末期に書かれた「足利季世記」によれば、天文10(1541)年11月に管領細川晴元の家臣木沢長政が原田城を攻めたとの記述がミられ、少なくとも16世紀初め頃には築かれていたものと考えられています。
 原田城には、主城の北城と南城の2城があり。この場所は北城が築かれていたところで、当時は東西90間(約160m)、南北180間(約320m)の規模を有し、現在は残っておりませんが堀もあったと言われています。また、南城はここから南東約300mのところにあったと言われています。
 当時は群雄割拠の戦国の世で各地で合戦がおこなわれ、この原田城も多く史実のなかにその名がみられます。
 天文16(1547)年には城主は不明(「摂津誌」によれば三好日向守)ですが、細川晴元勢3万騎の攻撃によって陥落しています。また、天正6(1578)年には織田信長による伊丹有岡城にたてこもる荒木村重討伐のさい、この原田城は信長軍の付城として信長支配下の武士が在番していました。 (豊中市教育委員会の案内板より転載)
北城は、豊中台地南西端の丘陵上にあり、南西に広がる平野を一望できる絶好の位置にあり、東側には南北140m。東西120mにわたり「ヨ」字状の外堀が巡っています。丘陵の先端にある約50m四方の主郭部では、荒木村重の乱が起きた16世紀後半に幅15m・深さ5mもある巨大な内堀が巡らされるなど、大規模な改修を行って城の守りを固めています。
さらに主郭部の内側には土塁が築かれました。西側部分の土塁は現在でも一部残っており、戦国時代の遺構を間近に見ることができます。
2009年11月21日(土)

この日は一般公開の日であり、城門?をくぐって中に入る事ができました。

早速、中庭を横切って土塁(土を盛り上げて築いたとりで)の見学に向かいます。
 土塁への上り口 土塁の頂上
国登録有形文化財の旧羽室家住宅が土塁上から望めます。
この住宅&宅地は平成16年に豊中市が買取り、、震補強工事を施した21年11月からは、まちづくり活動と連携したコンサート・講演会・茶会などの市民活動の拠点として活用し、それらが行われる日が一般公開日となっています。
土塁と住宅との位置関係は左図の通りです。城の土塁を庭の築山として上手く利用されています。
原田城跡の土塁・住宅は常時公開ではありません。公開日は下記問合せ先や豊中市のホームページ等でご確認ください。
原田城跡
所在地 豊中市曽根西町4−4
問合せ 豊中市地域教育振興課
文化財保護係
TEL 06−6858−2581
メニューに戻る