特別内部公開・旧ハンター住宅

 以前、「神戸レトロ」で紹介したことがある「旧ハンター邸」の特別内部公開が実施されていることを知り、JR灘駅前に降り立った。
 この駅の旧駅舎も、以前「神戸レトロ」で紹介しましたが、新駅舎は旧駅舎を立てに引っ張り伸ばしたような意匠となっています。
 旧ハンター住宅は、JR灘駅から北に5分程歩いたところにある「王子動物園」内の北東の角に建っていますので、建物を見学するだけでも動物園に入園する必要があります。(旧ハンター住宅の内部見学は無料)
入園料
  大人(高校生以上)=600円
  中学生以下は無料
フラミンゴやパンダを見ながら北に進むと旧ハンター住宅が見えてきます。
 しかし、この時期は前面に植えられた桜の木の葉が邪魔をして全体像を見ることができません。



 近付いて桜の枝を避けながら、なんとか中央部の写真がとれました。↓

 これが国指定重要文化財の旧ハンター住宅である。
 旧ハンター住宅は、もと神戸市中央区北野町3丁目にあった建物を、昭和38(1963)年に現在地に移築されたもので、現存する異人館の中では最大規模を誇るものの一つだそうです。
 建築年代は、明治22(1889)年頃にドイツ人のA・グッピー氏が英国人の技師に依頼して建てたそうで、その後、英国人のE・H・ハンター氏が、この建物を買い取り、改造して現在にみる建造物に仕上げたもので、ベランダは、はじめ開放されていましたが、日本の風土に適さないために、美しくデザインされた窓がはめこまれたとのことです。
バラと窓 玄関 玄関室の色鮮やかなタイル
応接室から食堂を望む 食堂
応接室のマントルピース ベランダにて 照明器具
幾何学模様のガラス窓 庭園
英国から取り寄せたステンドグラスの窓 2階の居間(上)と寝室(下)
旧ハンター住宅
建築主 エドワアード・ハズレット・ハンター
所在地 神戸市灘区青谷町1-1(王子公園内)
構造
規模
木骨れんが造2階建1部3階塔屋付、外壁モルタル櫛目引、寄棟石綿スレート葺
1階 263.749u
2階 273.499u
3階 (塔屋)9.023u
計  546.271u
建築
年代
(創建)明治22(1963)年頃
神戸市中央区北野町 元トーア・ホテル跡
(移築・改造) 明治40(1907)年
神戸市中央区北野町3丁目130番地
所有者 神戸市
指定年月日 昭和41(1966)年6月11日
問合せ 神戸市教育委員会文化財課
TEL 078-322-5798

 秋の特別内部公開日は10月1日〜31日ですが、毎年春(4月)と秋の2回行われているようですので、上記番号に問い合わせの上お出かけください。
うしろ姿

メニューへ戻る