奈良のコスモス寺・般若寺

奈良の般若寺(はんにゃじ)はコスモスの寺として知られています。この寺は飛鳥時代に高句麗(こうくり)僧 慧灌(えかん)法師によって開かれたお寺ですが、その後、幾度かの戦乱による焼失・再建を繰り返して現在に至ります。

←国宝 楼門
鎌倉時代に寺を再興した時のもので、和様に天竺様式を取り入れ、美しく軽快な屋根のそりを見せてくれます。楼門遺構では日本最古の作例だそうです。
楼門の奥は、両側にコスモスの植え込みを従えた一本道が、十三重石宝塔に向かって一直線にのびいます。


では、この楼門をくぐって・・・・と思っても、前にある格子柵が閉じられていて中に入れません。
よく見ると「入口→」と、まだ先の方を指しています。
先に進むと、案内板が見えてきました。
ここが寺の通用門で、車の駐車場もこの中にあります。
後で分かったのですが、秋の週末のみ、楼門から入る事が出来ますが、それ以外は通用門からの出入となるそうです。
この寺には10種10万株のコスモスが植えられているそうで、拝観料を支払って中に入ると、早速コスモスと石仏が出迎えてくれます。

奈良県指定文化財 本堂

江戸時代・寛文7(1667)年に戦国の兵火で焼けた金堂の跡地に再建されたもの。入母屋造、本瓦葺き。


両脇には石仏が並び、周りはコスモスで埋め尽くされています。
重要文化財 十三重石宝塔
 (花崗岩製 高さ14.2m)


建長5(1253)年に東大寺再建のため来日した宋人石大工、伊行末(いぎょうまつ)が建立。以後、数度の大地震や兵火などに見舞われるも、昭和39(1964)年に大修理を施し現在に至る。

重要文化財 経蔵(きょうぞう) 鎌倉時代

お経の全集である一切経を収納するお堂。




←経蔵の前にある大きな水鉢に、紅白のコスモスの花が浮かべられていました。
コスモスと鐘楼 釣鐘とコスモス
重要文化財 笠塔婆 鎌倉時代


笠塔婆形式の石塔では日本最古最大の作例。また刻まれた梵字漢字は鎌倉時代独特の「薬研彫り」の代表例とされる。弘長元(1261)年に宋人石工・伊行吉(いぎょうきち)が父伊行末の一周忌に当たり、その追善と現存の悲母の供養のために建立した。両塔の前面下部に伊行末の出身地、東大寺再建に従事したことなど、その業績が記されている。
十三重石宝塔側から楼門を望む。

十三重石宝塔とコスモス↑

←所々でコスモスの中から石仏が顔を出す
境内では、あまり珍しい品種は見かけませんでしたが、帰りがけに通用口の傍で珍しい品種のコスモスを見付けました。右側は確かシーシェルだったと思いますが、左側は不明です。
般若寺の向いは、奈良で一番古い牧場・明治時代から続く「植村牧場」です。ここのソフトクリーム(L=300円・M=250円)が御勧めと、ある人から聞いていましたので食してみましたが、確かに濃厚で美味しかったです。なお、ここにはレストランもあります。確かランチが1000円と書かれていたと思うのですが、私が苦手の食材だったので入店しませんでした。
又、近くには「奈良少年刑務所」があり、その正門が西洋の宮殿のような建築物(奈良レトロでも紹介しています)ですので、一見の価値ありです。
般若寺
所在地 奈良市般若寺町221番地 地図
TEL 0742-22-6287
アクセス JR・近鉄奈良駅から奈良交通バス青山住宅行・般若寺下車
拝観料 大人500円 中高生200円
拝観時間 9:00〜17:00
駐車場 あり(無料)
コスモスの見頃は9月上旬〜11月中旬
 
撮影2009..10.13

メニューに戻る