阪急電鉄・京都名所旧跡ラッピング列車

2015年1月22日、友人から左の写真と共に次のようなメールが届きました。

2015年1月17日から、阪急電鉄が京都の名所旧跡をラッピングした列車を走らせることになり、開始当初には舞妓さんがその列車に乗り込み、チラシを配ってPR活動をしていたそうで、彼は、たまたまその列車に乗り合わせていたことで、この写真が撮れたとのこと。

そして1月31日、その列車の撮影に誘われ、阪急梅田駅までやってきました。
待つことしばし、ラッピング列車がホームに入ってきました。
この列車の運行期間は2015年1月17日(土)〜2016年3月下旬の予定だそうですが、1月17日〜2月22日の土・日・祝日(13日間)は6両編成で「洛西」エリア車両は除かれています。
1月19日以降の平日と2月23日以降は「洛西」エリア車両を含めた8両編成で運行されます。
今のところ梅田発の列車時刻は土・日・祝の09:52、11:32、13:32、15:32の4本で、平日の運行は、どこをいつ走るかは不定だそうです。
河原町行き快速特急の先頭は「洛東」車両で、前から「水路閣」・「清水寺」・「祇園」・「平安神宮」・「八坂の塔」と続きます。
3両目は「洛中」車両で、前から「北野天満宮」・「祇園祭」・「二条城」・「下鴨神社」・「壬生寺」などとなっています。
最後尾・6両目は「嵐山・嵯峨野」車両で、「天龍寺」・「竹林の道」・「屋形船」・「渡月橋」・「大覚寺」などとなっています。
土・日・祝日の15:32分初のラッピング列車は、ホームへの到着時間が15:25ですので、撮影時間は7分間しかありませんので要注意です。
メニューに戻る