城跡探訪・花隈城

 JR神戸線元町駅から高架沿いに西へ600mの間、北側一帯が花隈城跡で、その中心部に花隈公園がある。
 
花隈公園
現在は中央部南の一角が、地下に駐車場を設けた公園に改造され、外観は石垣をめぐらした奇妙な砦のようである。
 花隈城の築城は永禄十一年(1568)に荒木村重が一ヶ年の短期間に築いたといわれている。
 その後、天正二年(1574)に信長が摂津を席巻した時に大坂の石山本願寺と毛利氏の連携を断つために荒木村重に命じて大修築が行われたようである。
 同六年(1578)年に村重の部下が石山本願寺に物資を供給しているとの疑いをかけられ、村重は疑いを解くために信長のもとへ行こうとしたが、中川清秀に安土城に行けば処刑されるだけだと止められ、ついに叛逆を決意した。信長は滝川一益・明智光秀らに村重を攻めさせ、村重は伊丹の有岡城に籠った。同八年(1580)二月、信長は池田勝三郎恒興(信輝)に花隈城の攻撃を命じ、同年三月二日に合戦は開始され、七月二日に花隈城は落城した。
 落城後、恒興は、この城の古材の一部を兵庫城の築城に利用したと伝えられている。
幹線道路側に公園の入口がある
城の規模は大きく三つのブロックに分けられ、中央部には本丸・二の丸・三の丸があり、東のブロックには侍町が二筋、足軽町が三筋あり、西のブロックは町屋で四町ある。
 本丸には殿守と櫓と井戸があり、殿守は今の福徳寺あたりと考えられ、福徳寺の山門脇に「花隈城天守閣之跡」の石碑が建てられている。
階段を上がった所に180°向きを変えた階段が
城の規模を現在の地形にあたはめると、中央部と西のブロックは、ほぼ現在の花隈町内にあたり、城域は東は神戸市立神戸小学校東側の南北道路、南はJR高架線あたり、北は兵庫県庁南の旧市電道あたりに囲まれた範囲であった。


参考文献:「日本城郭大系」第12巻、新人物往来社刊
今度は長いスロープだ!
スロープを上がり切った所からは、JR元町駅から出入りする車両が望めます。
最上部は広々とした空間が広がっています 花隈城の石板と解説板
広場には、この城を攻撃した側の末孫池田宜正の筆になる「花隈城跡」の碑が建てられている。
となりの案内板には「この石碑は、平成7年1月17日の兵庫県南部地震により倒壊し破損したものを資料に基づき新たに模造復旧したものです・神戸市」と記されています。
その隣の石碑は「東郷井」と記されていて、初代戦艦大和が、神戸小野浜造船所において起工(1883/11/23)された時の建造監督官であった東郷平八郎が、神戸に滞在中に毎日使用していた井戸があったという石碑ですが、元々あった別の場所が道路用地となったため、ここに移設したものだそうで、城とは無関係のものです。
疑似天守台? 公園西側の石垣


福徳寺山門脇の石碑
花隈公園
所在地 兵庫県神戸市中央区花隈町1
交通 JR/阪神・元町駅から徒歩約5分
入園 自由
阪神高速京橋出入口から約15分

福徳寺
所在地 兵庫県神戸市中央区花隈町15-3
公園の西100m位の所(左の地図で北の文字付近)
メニューに戻る