大阪府豊中市:萩の寺・東光院

2012年9月14日

阪急電鉄宝塚線・曽根駅から、線路沿い東側道路を北方向に歩きます。この時期、萩まつりが行われるという「東光院」を訪れるためである

およそ4分位で萩の寺公園の入口に到着します。
公園の右奥に大きな木があり、その周りに沢山の萩が植えられていますが、まだ萩の花は全然開花しておりません。一寸早まったかな・・・と思いながら、奥にある橋の左たもとから階段を上がると、東光院の山門前に出ます。
萩の寺山門(薬医門)

霊場萩の寺御本尊薬師瑠璃光如来(行基菩薩御作)の解脱門として、宝暦7(1757)年6月、全竜禅師によって建立された総檜造門。大正4年、大阪市北区中津より現在地に移建。阪神淡路大震災により大破せるも平成7年7月に大方善意により修復された。
以下の画像はクリックで大きな画像(800×533)を表示します
山門をくぐると・・・ 振り返ると・・・
本堂 シロハギUP
2012年の「萩まつり道了祭」は9月15日(土)〜25日(火)迄開催。

開門時間は09:00〜17:00迄。

期間中は様々な催しが行われます。
境内の所々で結構咲いています
境内の中央部には大量の萩が植えられており、花を見て回れるようにと通路が張り巡らされています。萩の背丈がかなり高いため、通路にはみ出ないようにと横木でとめてあります。しかし、日当りが悪いからかも知れませんが、こちらの花は、まだ殆んど咲いていません。
通路には休憩用の床机が置かれていますが、萩の花は枝先で咲くため、かなり見上げなければ・・・・・と思いましたが、花が咲くと、このように垂れてくるので、丁度よいのかも知れません。
こんな変わった花も・・・ 水子地蔵尊
萩の寺・東光院
所在地 大阪府豊中市南桜塚1-12
TEL 06-6852-3002
拝観料 500円(萩まつり時)
交通 阪急宝塚線・曽根駅徒歩5分
名神・豊中ICより車で10分
名阪神・豊中北より車で5分
駐車場 数台
(イベント期間中は曽根駅付近の駐車場を利用のこと)

メニューに戻る