京都御苑のサルスベリ

夏の花・サルスベリを求めて京都御苑を訪れました。
 
まず、丸太町通の「間ノ町口」を入った所で大きな木を見つけました。(左側の門は閑院宮邸跡の東門)
 
堺町御門を入った西側の九条池にある拾翠亭(しゅうすいてい)。これは五摂家のひとつであった九条家の現存する唯一の建物で、江戸後期に建てられたものだそうです。当時は主に茶会のための離れとして使用され、内部には今も十畳と三畳のふたつの茶室が残されているそうです。
 
その北側には厳島神社があります。
 
池の主? (アオサギ)
 
建礼門前大通りの中ほどにも大きな木があります。
 
一寸UPで撮ってみました。
 
建礼門前にもあります。
 
御所の築地塀・東北角の小屋根裏に一匹の木彫りの猿が見られます。烏帽子をかぶり御幣(ごへい)をかついだこの猿は、御所の鬼門を守る日吉山王神社の使者とのことですが、夜になると付近をうろつき、いたずらをしたため、金網を張って閉じ込められたそうである。
よく見ると、猿が斜面を滑り降りたように見えます。これもひとつのサルスベリかな?
 
南東側の富小路口を入った所にも大きな木がありますが、御苑の北側ではサルスベリの木はあまり見かけませんでした。   撮影2008/8/21

総合メニューに戻る