雪の御在所岳・空中散歩

2009年12月21日(月)、以前から女房が行きたがってい「たなばなの里」と「御在所岳」がセットになったバスツアーが見つかりましたので参加しました。
京都を9時30分に出発し、四条大宮・大津に立ち寄って乗客を増やしながら、御在所岳に向かいます。

途中で昼食を済ませ13時にロープウェイ乗り場に到着する。

一寸レトロ調の窓を持つ駅舎から、小さなゴンドラが次々と繰り出されています。
これが、そのゴンドラで定員は10人、1分間隔で運転されている。
この時期は観光客が少ないようで、すぐにゴンドラに乗り込めました。
ここから山頂駅まで12分間の空中散歩です。
すぐ横が湯ノ山温泉の温泉街で大きなホテルが目に留まります。
ゴンドラはどんどん高度を上げていきます。
久しぶりに見るの雪景色です。
こんな光景は大阪では、めったに見られません。
御在所岳がこんなに雪がたくさん積もる山だとは知らなかった。
このロープウェイの全長は2161mあり、起点終点の高低差780m・38台のゴンドラで運転されている。
途中で出会う白い鉄塔は、このロープウェイのシンボルで、最高支柱高・61mの日本一を誇るそうです。
まもなく山頂駅舎です。
あ!樹氷が見えた!
12分間の空中散歩が終了しましたが、かなり乗り応えがありました。外気温が氷点下5℃とのことですので、寒さ体験で外に出てみました。

さすがに−5℃は体にこたえます。
本当の山頂はここからリフトで少し上がった所だそうですが、寒いのと視界が悪くて見晴らしが望めそうにありませんので、行くのはやめました。
最後に、御在所岳まで来たことを証明する写真を撮って引き上げです。奥の樹木にも樹氷の花が咲いていました。



「なばなの里」のウインターイルミネーションはこちら
撮影 2009.12.21

メニューに戻る