京都・源光庵の紅葉

 源光庵(げんこうあん)は貞和2(1346)年に臨済宗大徳寺の徹翁義亨の隠居所として開基する。その後、1694年(元禄7年)に卍山道白により曹洞宗に改宗された。本堂は元禄7(1694)年の創建であり、卍山禅師に帰依した金沢の富商・中田静家居士の寄進により建立されたものである。天井板は伏見桃山城から移築したものだそうで、慶長5(1600)年に徳川家家臣・鳥居元忠らが石田三成に破れ自刃したときの跡が残り、血天井となっている。その脇に丸窓と角窓がありそれぞれ悟りの窓、迷いの窓と呼ばれている。
中門 ↓
 ← 中門を入ったところの前庭である。本堂(写真左の建物)へは、奥の拝観受付所から書院に入り庭園を眺めてから入ることになります。




 書院に入りますと、いきなり紅葉が目に飛び込んできますが、次々と拝観者が訪れますので、人影の入らない写真は中々撮れません。↓
一瞬のチャンスが訪れ、何とか書院内から無人の庭園写真が撮れました。↓
書院の縁側から眺める庭園はすばらしい。↓
書院の窓からの眺めも又格別 ↓ 窓ガラスに映る紅葉 ↓
書院と本堂間つなぐ渡り廊下の窓 ↓ 本堂内の窓 ↓
悟りの窓 ↓ 迷いの窓 ↓
撮影 2011年11月25日 
源光庵
所在地 京都市北区鷹峰北鷹峰町47
TEL 075-492-1856
拝観時間 09:00〜17:00
拝観料 400円
交通 地下鉄・北大路駅より北1号系統
四条大宮より6号系統
いずれも鷹峰源光庵前バス停下車
駐車場 あり 無料 
メニューに戻る