奈良:元興寺の石仏群と桔梗

訪問日 2011年7月22日
元興寺(がんこうじ)は、奈良市中院町にある真言律宗の寺である。崇峻元(588)年、蘇我馬子 が飛鳥に建立した、法興寺がその前身である。和銅3(710)年、奈良に都が移されると、この寺も養老2(718)年に新都に移されて、寺名を法興寺から元興寺に改める。かつては南都七大寺の一つとして威勢を振い、現在の奈良市街の南東部を占める広大な寺域には、金堂・講堂・塔・僧房などが立ち並んでいたそうですが、平安時代半ば、その勢威も衰えてしまい、現在では僧坊の一画が唯一現存している。

元興寺には奈良時代の学僧・智光が描かせた智光曼荼羅があったが、阿弥陀信仰の隆盛とともにこの曼荼羅が信仰を集め、曼荼羅を祀る堂は「極楽坊」と呼ばれるようになった。この元興寺極楽坊本堂と禅室は、奈良時代に智光をはじめとする僧たちが住んでいた僧房を、鎌倉時代に改築したものだそうです。

この僧坊は禅室とも呼ばれ、念仏道場として著名だったそうです。鎌倉時代に改築されましたが、大仏様式の手法を軒廻りによく残している。主要な構造部材及び礎石は奈良時代の創建当初のものが残り今も用いられている。奈良時代の官大寺僧坊遺構を伝え、内部の間取りに奈良〜鎌倉時代僧坊のおもかげをよく残す貴重なものとのこと。なお本堂と禅室の屋根の一部に行基葺古瓦が残る。古瓦は最古の丸瓦、平瓦を含め飛鳥時代から奈良時代のものも伝世されている。
極楽坊禅室の前にある浮図田(ふとでん)です。これら2千5百基の石塔・石仏類(総称して浮図)を寺内および周辺地域から集めたもので、新たに田圃(たんぼ)の稲の如くに整備されたものです。石仏類は中世期の当寺や興福寺大乗院関係の人々、近在の人達が浄土往生を願って、極楽坊周辺に造立した供養仏塔だそうで、制作年代は鎌倉時代末期から江戸時代中期のものが多いとのこと。
よく見ると、これらの石仏群の間から紫色や白色の桔梗が顔を出しています。
桔梗の見頃は6月上旬〜8月上旬とのことですが、秋にも見られるようです。
元興寺
所在地 奈良市中院町11
TEL 0742-23-1377
拝観料 大人400 中高生300 小学生100
〃時間 09:00〜17:00
休日 年中無休
交通 近鉄奈良駅から徒歩約10分
JR奈良駅から徒歩約15分
駐車場 無料 普通車12台(東門)
    大型バス2台(北門)

メニューに戻る