城跡探訪・伏見城

2014年8月18日

久し振りに「京阪電鉄・伏見桃山駅」に降り立った。
伏見桃山といえば、かっては「伏見桃山キャッスルランド」という遊園地があって、ずいぶん昔のことですが、女房と一緒に訪れたことがあります。
その時は山上に立派な城があり、確か天守閣まで上がれたという記憶がありますが、現状はいかに・・・・ということで訪れてみました。
駅から東方向に進み、御香宮神社の大きな鳥居をくぐると左側前方に山門が見えてきます。
この山門は、かっての伏見城大手門だったそうで、現在、国の重要文化財となっています。
神社境内の参道を少し進むと右側に「伏見城跡残石」が無造作に積まれている所があります。
御香宮神社の山門前から、なおも東に進むと、こんな所に突き当たります。自然石に彫られた文字を見てびっくり!・・・「明治天皇陵」と記されているではないか!。こんな所に明治天皇の御陵があったとは、今まで全然知りませんでした。
お城に行くのには、道を間違えているかも知れませんが、延々と続く明治天皇陵の参道を進みますと右側に、何やら石が並べられている所を発見。
丁度、通りがかった人に道を尋ねると、この先から城へは行けいないとの事で引き返します。
参道の途中にあったT字分岐の「桓武天皇御陵参道」を歩いてきた学生さんに城への道を尋ねると「ここから行けますよ・・・・」とのことで、この道を歩みます。しばらくすると広い車道に出ましたので、辺り見回すと右奥に城門らしきものが見えています。
しかし、たどり着いた城門?には「伏見桃山城運動公園」の看板があがっています。

「伏見桃山キャスルランド」は昭和39(1964)年に、近鉄が約6億円を掛けて開発した遊園地でした。園内にはかっての伏見城を参考にして大天守と小天守や櫓門などがRC構造で造られていましたが、平成15(2003)年に閉園。跡地は模擬天守と共に京都市に寄付され、運動公園として整備されました。しかし天守閣は耐震基準を満たしていないそうで、中に入ることは出来ません。
小天守(左)と大天守(右)  2007年、東映が映画撮影のため約1億円をかけて当城を大坂城に見立てた改修が行われ、その後そのまま放置されているので、大天守は一見大坂城に見えてしまいます。
櫓門
伏見城

伏見城は東山連峰の最南端桃山に位置し、大阪と京都を直結する要衝の地であった。文禄の役が勃発してのち、豊臣秀吉は文禄元年八月、新たな隠居所として伏見に屋敷を造営することを計画・着手し、同年十月に二方の石垣が完成した。同三年には朝鮮出兵について明の講和使節を引見するため拡張と本格的な築城工事が始められ、石材は遠く讃岐国小豆島から、木材は土佐・出羽などの遠国からも調達された。同年四月には淀古城の天守と櫓が当城に移建され、翌四年七月には聚楽第の解体・移築が行われ、その間、秀吉は同三年八月に新城(指月城)に移住した。
ところが、慶長元(1596)年七月の大震災によって指月新城が倒壊したため、指月よりやや東北寄りの木幡山(桃山)に改めて縄打ちが行われ、秀吉は伏見城の再建に着手した。これより、昼夜兼行の普請が続けられた結果、同年十月には本丸、翌二年五月には天守・殿舎が完成したが、秀吉没後の同三年八月に至ってもなお未完成であったといわれる。同四年三月には当城に徳川家康が入るが、翌五年七月、関ヶ原合戦の勃発に伴い、西軍の小早川秀秋と島津義弘とは鳥居元忠の固守する当城に猛攻を加え、四万と称される大軍を投入して激戦を展開、八月一日ついに当城は炎上して陥落した。本丸・松の丸・名護屋丸以下ことごとく焼失したのである。
しかし、家康は慶長六年、小堀政次を作業奉行として再建に取り掛かり、同七年末には、ほぼ再建がない、12月に家康は当城に入り、翌八年二月には当城で将軍宣下を受けた。その後も普請は続けられ同十年には秀忠の将軍宣下を機に本丸の殿舎の作業にかかったが、翌十一年になると家康の大御所政治に伴い駿府城のほうが重要視されたため、当城の工事はいったん停止され、当城の器財や屋敷も駿府に移送され始めた。
その後、大坂の陣以降は二条城が儀典用、当城が居館用として利用されたが、一国一城令の趣旨からも、この両城を共に維持することは困難とされ、元和九(1623)年七月、家光の将軍宣下を最後に廃城となり、同年に築城の始まった淀城に建造物も機能もともに吸収されていった。
大正初年、本丸のやや南方に明治天皇陵、名護屋丸の南方に昭憲皇太后陵が営まれたため、中心部は宮内庁の所管となり、史跡としては指定外となっていますし、厳重にフエンスで囲われているため、むやみな立入りは出来なくなっています。

               『日本城郭体系11』新人物往来社刊より抜粋
伏見城要図: 『日本城郭体系11』新人物往来社刊より
上図右下の御舟入跡を発見。JR線の土手の雑草に埋まり立札は解読不能。
さらに上図「御舟入」の右上の「学問所」辺りに現在ある「桃山東小学校」の正門横には、復元された伏見城の石垣と石碑&解説板がある。
伏見城跡(伏見桃山運動公園)
所在地 京都府京都市伏見区桃山町大蔵45
TEL 075-602-0605
入園 無料・無休
城内には立入り出来ません。
交通 京阪・伏見桃山
近鉄・桃山御陵前
JR・桃山 各駅から約1km
駐車場 あり(広い)
 
そして、京都市考古資料館には伏見城跡から出土した金箔瓦が展示されています。
金箔無紋軒平瓦 金箔無紋軒丸瓦 金箔唐草文軒平瓦 金箔巴文軒丸瓦
京都市考古資料館
所在地 京都市上京区今出川通大宮東入る
TEL 075-432-3245
観覧料 無料
開館時間 09:00〜17:00(入館は16:30まで)
休館日 月曜(祝日&振休の場合は翌日)
 
メニューに戻る