京都府立植物園の梅

この植物園は大正13(1924)年に開園。昭和21(1946)年からは一時へ閉園を余儀なくされたそうですが、昭和36(1951)年から名実ともに再スタートを切り、東は比叡山をはじめ東山連峰を望み、西は鴨川の清流、北は北山連峰を背景とした景勝のの地にあり、日本の代表的な植物園と云われています。
その植物園の北山門から入り、正面に望む噴水の西側に小規模な梅林があります。先日の梅便りでは咲き始めと記されていましたが、結構咲いているではありませんか。
玉垣枝垂         

(たまがきしだれ)
楊貴妃

(ようきひ)
大湊

(おおみなと)
玉牡丹

(たまぼたん)
紅冬至         

(べにとうじ)
そして、噴水から西にしばらく進むと本命の梅林に行着きます。こちらも結構咲いているように見えますが、奥(北)に進むにしたがって花の数が減っていき、まだまだ蕾の木ばかりが目立つようになります。南側で咲いていた梅花を少しばかり紹介します。
玉光枝垂

(ぎょっこうしだれ)
桜鏡

(さくらかがみ)
映山白

(えいざんはく)
ロウバイ

(本来ウメではありませんが、梅林内で咲いていましたので掲載します)
未開梅

(みかいばい)
白加賀
撮影 2009年2月18日
京都府立植物園
所在地:京都市左京区下鴨半木町  地図
電 話:075-701-0141
開園時間:午前9時〜午後5時(入園は4時半まで)
温室観覧時間:午前10時〜午後4時(入室は午後3時30分まで)
休園日:12月28日〜1月4日
入園料:一般=200円 高校生=150円 小・中学生=無料
温室観覧料金:同上(別途必要)
70歳以上の人(要公的証明呈示)、障害者手帳所持者は無料
交通:地下鉄「北山」駅下車3番出口すぐ
駐車場:有り(有料)四輪800円 バス2500円

メニューに戻る