京都府立植物園から大田神社のカキツバタ

2011年5月13日

京都の府立植物園は度々訪れていますが、いつ訪れても北山門入口を入った所の広場や花壇に大量の花が咲き、手入れも行き届いている良い植物園である。数年前から大阪市の様々な施設で60歳以上の市外者の無料制度が廃止されてからは、けったくその問題で、大阪に行くより京都の方によく足が向いてしまう。大阪市長の退職金が2年で4千数百万という大盤振る舞いする割には、市外者に冷たい市だと思いますので、まだまだ京都通いを続けたいと思います。
パンジー花壇
 
デルフィニュ−ム
 
ダイアンサス(品種名:テルスター ナデシコ科)
 
桜草
 
シャクヤク
 
植物園の南側にある正門入口近くに「くすのき並木」があり、その横にセイヨウシャクナゲを植栽したコーナーがありました。地表を覆う白いシャガとの美しいコントラストを描いていますが、3日間降り続いた雨によるものか、傷んでいる花が多かったです。
京都府立植物園

開園時間:午前9時〜午後5時(入園は午後4時まで)

温室観覧時間:午前10時〜午後4時まで

休園日:12月28日〜1月4日

入園料:一般200円 高校生150円 小・中学生80円 団体割引あり 

温室観覧料:一般200円 高校生150円 小・中学生80円 学校団体割引あり 

60歳以上(要公的証明書)・障害者手帳持参者は入園料・温室観覧料とも無料
今年の春は気温が低かったため、この植物園もバラ等の開花が遅れており、早々と退園する事態となりましたが、今朝の新聞に大田神社(賀茂別雷神社)のカキツバタが紹介されていた事を思い出し、持参の地図を見てみると府立植物園横の賀茂川の上流に上賀茂神社があるので、その近くだろうと思い徒歩で向かいます。歩き始めて25分位で上賀茂神社の鳥居前に到着します。
鳥居をくぐり、大田神社を探しますが見つかりません。途中で見つけた地図で大田神社が境外にあることが分かり、元の道にもどり東方向に歩を進め、かなり歩きましたが到着です。
カキツバタは、この鳥居の手前を右に入ったところの大田の沢に約2万五千株が自生する。
入口には右上のような看板が掲げられ、料金箱が置かれています。
沢は奥行きが深くて真中に島がある つつじと共演
大田神社

所在地:北区上賀茂本山340

交通:京都市営バス上賀茂神社前行き終点下車徒歩約10分

カキツバタ園:時間自由 無休

育成協力金:300円

メニューに戻る