城跡探訪・福知山城


2015年7月2日

福知山の「観音寺」を訪れた際に「福知山城跡」に立ち寄りました。
福知山城

 福知山城は徳川初期の文書によれば、小笠原長清の後裔塩見大膳頼勝が、現在の朝暉ヶ丘丘陵に掻上城を築いて立て籠もったのが城塞としての始まりという。
 その後、天正年間(1573〜90)には頼勝の孫・大膳大夫信夫が当城にいたが、天正七年八月、丹後の大部を攻略していた明智光秀に攻められ、信夫は衆募敵せず、切腹して果てたのであった。
 光秀はここに城代として藤木権兵衛と明智秀満をおき、城も近代的城郭へと改築させたのである。天正十年六月、本能寺の変には、秀満は従軍し功を立てたが、変後秀吉方は福知山城に押し寄せた光秀の父(信房)を捕らえて京都に連れ帰り、粟田口で磯刑に処した。
 当城は、もと福知山盆地の中央へ西南から突出した一続き細長い台地の末端にあり、展望のよくきく地である。東方には由良川と土師川が自然に外堀の役目を果たしており、さらに東・北・西の三方は断崖で、まさに要害というべきである。
 石垣は、いわゆる「野面式」の積み方で、大石を奥の部分で噛み合わせ、その裏に栗石をいれ、地下水が容易に流れ出るように施されている。
 外見はきわめて粗雑で幼稚なようだが、実際は崩れ難い堅固なものである。また石垣には宝篋印塔や五輪塔の台石と考えられるものが混用されている点も注目に価する。
 光秀は信長を倒したものの、すぐさま山崎合戦において秀吉に破れ、小栗栖において土民のために暗殺された。その後丹後は秀吉の養子秀勝、ついで北政所の叔父杉原家次が城主となり、当地を治めました。

『日本城郭体系11・京都編』:新人物往来社刊より抜粋
堀跡に架かる橋 ↑
橋上から望む堀 ↑
城跡からの遠望 ↑
 その後城主は田中吉政、小野木重勝と続き、関ヶ原の合戦後は、有馬豊氏、岡部長盛、稲葉紀道、松平忠房、朽木稙昌と交代し、その後朽木氏は13代約200年に渡り福知山藩主として幕末まで在城しました。その後、明治六(18731)年に明治政府が出した廃城令によって取り壊されました。

 現在の天守閣は昭和61(1986)年に鉄筋コンクリート造りで再建されたものである。
豊磐井(とよいわのい)

本丸、天守の東側にある井戸は直径2.5m・50mの深さは日本一を誇る。地下の水脈まで岩盤を掘り下げており、今も清らかな水をたたえています。
 ↑銅門番所(あかがねもんばんしょ)

 この建物は一見「隅櫓」のようですが、もとは福知山城の二の丸登城口にあった銅門脇に設置された門番詰所建物です。廃城後52年を経た大正五(1916)年に、城跡保存会によって本丸跡のこの場所へ移されたもので、一辺が4.5mの単層入母屋造を中央で連結した形式となり、福知山城内の建築物として唯一当時の面影をしのばせる建物です。
福知山城の石垣

 天守台から本丸にかけての野面(のずら)積の石垣は穴太積(あのうづみ)と呼ばれる積み方で、約400年もの歳月を耐えてきています。
たくさんの五輪塔や宝篋印塔(ほうきょういんとう)が転用石として使われているのも特徴です。

 下3枚の石垣写真から「転用石」を探してみてくだい。
訪問日 2015年6月27日
福知山城跡
所在地 京都府福知山市内記1丁目5
TEL 0773-23-9564(FAXも同番号)
交通 JR福知山線
福知山駅から地歩約15分
入館料 大人320円 小・中生100円
開館時間 09:00〜17:00
休館日 毎週火曜日 祝日と重なる場合は水曜日、年末年始12/28〜12/31及び1/4〜1/6
駐車場 有 無料 (付近にレストラン有)
メニューに戻る