城跡探訪・摂津福井城

2014年11月24日

大阪府茨木市内の福井城跡を訪れました。

JR茨木駅から阪急バスに乗り「上福井」バス停留で下車すると、目の前に「福井城跡」の解説板が、そして、その横には小さいながらも「旧跡 福井城」の石碑が並びたちます。
摂津福井城跡

 福井城は、山から延びる尾根の先端の台地上に築かれた山城と考えられています。東福井三丁目の小字には、城の谷・構などの地名が残り、亀岡街道から真龍寺参道に入る中間北側がああ大手跡でそれより北へ、三ノ丸・二ノ丸・本丸・搦手(からめて)跡と続く、城としての基本的構造を持つものです。
 「摂津志」によると、福井城は「建武元(1334)年、楠正成(くすのきまさしげ)の築きしものにて、守護代を置き守らしめしという。後の応安7(1347)年、頼国(よりくに)当国守護となるや、また守護代をこの城に置く。大永7(1527)年2月、細川高国の代、三好長元に陥らる。」とあります。
 また、「摂津国三島郡福井村新屋神社氏子之図」に、本城跡を「楠公砦城ノ跡」と記されており、この城のことを知る手掛かりになっています。

上の案内板より転記
福井城要図・「新人物往来社」発行の「日本城郭体系 第12巻」より転載
三の丸跡・現在は田畑 二の丸跡・奥の張り出した所が本丸跡
本丸跡・現在は野菜畑 搦手跡(裏門側)
上の要図で、本丸の東側に「石垣」と記された所があり、その辺りを探してみましたが、石垣は発見できませんでした。農作業中の地元の方(3人)に伺いましたが「そんなもん知らん」との返事で万事休すです。
しかし、「二の丸」南側でこんな古そうな石垣を見つけましたが、この石垣が当時のものかどうかは不明です。
途中、道に迷い入り込んだ「真龍寺」の紅葉です。

もしも、福井城跡を訪れた時が紅葉の時期なら、ぜひ寄ってみてください。
解説板の地図
摂津福井城跡
所在地 大阪府茨木市東福井3丁目
交通 阪急茨木市駅・JR茨木駅から
いずれも阪急バス「サニータウン行」に乗車 「上福井」バス停下車すぐ
摂津福井城跡 発掘調査     (2015年3月15日 追加)
2014年末から、市道工事に伴い「三の丸」跡の民家が建つ北側で、発掘調査が行われています。2015年3月14日、現地説明会が開かれましたので、行ってきました。
見つかったのは、石列・堀・井戸・鍛冶炉・なぞの遺構などで、今まで文献や小字名「本丸」・「谷ノ城」・「城ノ内」・「城ノ畠」などから、城の存在は知られていましたが、今回の発掘調査で「摂津福井城」の遺構と確認し、その存在が裏付けられたそうです。
石列

田んぼの畦道の土や雑草を取り除くと、こんな石列が出てきたそうで、おそらく城郭の土留であったと思われる。
井戸跡

全部で4基の井戸が見つかっている。
鍛冶炉跡

全部で3基あり、石が黒く焼けていることや、付近に鉄釘や鉄くずが見つかったことから、鍛冶炉と判断したそうで、戦闘に用いる武器などを造っていたと思われる。
堀跡

今回みつかった遺構の大部分は山の斜面を平らにするために盛土をした土(黒い土)の上面でみつかる。黒い土には、城の年代とは異なる土器が多く含まれていたことから、福井城は、古墳時代の遺跡を壊して造成していたことが判明したそうです。
不明遺構

これが何であるかは、今後の調査待ちだそうです。

メニューに戻る