奈良・藤原京跡の菜の花

2012年4月21日

奈良県橿原市の藤原京跡までやってきました。
ここは、今から約1300年前、持統・文武・元明三代の天皇が治めた日本の首都であった所です。
(奥の手前の山が香具山です)
なぜ、ここにやって来たかというと、左のような写真を見たからである。これは近所の酒屋さんから届けられた平成24年度のカレンダー4月分の写真である。菜の花と桜が同時に咲いているので、どこだろう思い、よく見ると「奈良県・藤原京」と左下隅に記されていました。そこで、ぜひ行ってみよう・・・となった次第です。
春の声を聞き、早くから橿原市のHP・菜の花の開花情報をチェックし、見頃との情報を得て駆けつけましたが、菜の花がどこで咲くのか、よく分かりません。一寸黄色いものが見えたので近寄ってみるとタンポポの花でした。その向こうには藤原京の大極殿の柱が下端部のみ復元されて展示されています。
奥の方で黄色い筋が見えましたので、あれだ!と急いで駆けつけましたが、長さ25m・幅8m位の小規模な菜の花畑ですし、近くに桜の木など存在しません。その他に黄色い花が咲く所が無いかと辺りを見渡しますが、それらしきものは見つかりません。
天気があまり良くなく、青空が広がってくれませんが、とりあえず雲など入れて写真を撮りましたが、上のカレンダーの写真は、こんな規模の小さな菜の花畑とはとても思われません。




その後、あちらこちらをうろついていると、北方向で咲く桜の木が一本だけ見えましたので、そちらに向かいます。
畝傍山も望めます
車が通る舗装道路を渡ると池があり その横で八重桜が咲いています
桜の木があると言うことは、あの菜の花畑はこの辺りかなと思い歩を進めると、あった!広大な菜の花畑が目前に現れました。池から北側は一段低くなっているため、遠くからは目に留まらなかったようです。
ここには、25000平方メートルの敷地に250万本のハナナが栽培されているそうで、春光うららかなる頃に黄金色に輝きます。
今年は菜の花の咲き出しが遅くて、残念ながら桜の花との競演は叶いませんでしたが、黄色だけでも素晴らしい眺めです。
菜の花畑の南側は桜の木が並び土手を挟んで醍醐池となっている
東方向の広がり 奥行きは200メートル近くありそうです
西方向には二上山があります
北方向には耳成山が居座ります
周囲ではレンゲの花も咲きだしています
来る時は、近鉄・大和八木駅からコミュニティバスに乗り「藤原京資料室前」で降りましたが、コミュニティの名が示す通り細い道路に入り込み、各施設の玄関口にバスを横付するなどで時間が掛かり、乗車時間が4駅で約25分もかかりましたので、帰りはハイキングがてらに歩きます。途中で振り返ると黄色い帯がよく目立ちます。来る時も歩いてくれば「菜の花」の咲く場所が一目瞭然だったようです。
なお大和八木駅前のレンタサイクルは、この日から貸出しが開始されたようです。
藤原京跡春ゾーン(菜の花)
所在地 奈良県橿原市醍醐町
TEL 0744-21-1114(橿原市役所)
0744-21-2525(かしはらにこにこコール)
入場 無料・時間自由
鉄道 近鉄耳成駅・近鉄畝傍御陵前・JR畝傍駅より共に徒歩約30分
バス 近鉄大和八木駅南口からコミュニティバス
藤原京資料室前バス停・徒歩約5分
コミュニティバスの時刻表はこちら
レンタサイクル 大和八木駅南口・橿原市観光交流センター
1日一回 電動1000円 変速ギア付き700円
駐車場 藤原京資料室前に有 無料 30台
(マークは菜の花畑の位置を示しています)

メニューに戻る