奈良・藤原京跡の花蓮 

2016年7月25日

藤原京跡の花蓮が「見ごろ近し」の報で出掛けました。
「ナノハナ」と「コスモスで」で訪れた時は、近鉄・大和八木駅から向かいましたが、本日は近鉄・耳成駅から歩きます。
駅の改札前の踏切を渡り、南に真っすぐ延びる道路を進み、約1km程の所にあるコンビニ(ファミマ)前の四つ角を西に曲がり・・・・
しばらく行くと「藤原京跡」の標識があります。

藤原京は、持統天皇八年(694)から和銅三年(710)まで、持統・文武・元明天皇三代にわたる都でした。藤原京はその中心部にあり、現在の皇居と国会議事堂・官庁街とを一ヶ所に集めたようなところです。大きさは約900四方、まわりを大垣と濠で囲み、中には天皇の住まい、役所の建物などが建ち並んでいたそうです。
標識を通過して少し進むと、「ハナハス」と記されたピンクの「のぼり旗」が見えてきます。この旗に従って歩を進めると、畝傍(うねび)山を望める場所に出て、その前に蓮池が広がっています。
池は「目」の字形で三つに分断されています。
「目」の字形の通路に沿って歩くと花蓮を間近に鑑賞できます。
ここの蓮は、池の水はり時期を遅くして開花を遅らせているそうです。
藤原京跡・蓮ゾーン
所在地 奈良県橿原市高殿町
TEL 0744-21-1114(橿原市役所)
入場 無料・時間自由
鉄道 近鉄耳成駅・八木西口・畝傍御陵前・JR畝傍駅より共に徒歩約30分
バス 近鉄大和八木駅南口からコミュニティバス
藤原京資料室前バス停・徒歩約7分
レンタサイクル 大和八木駅南口・橿原市観光交流センター
1日一回 電動1000円 変速ギア付き700円
駐車場 藤原京資料室前などに有 
無料 30台
メニューに戻る