富士山を愛でる旅

2009年1月23日、旧職場の先輩・同僚達6人で富士山を愛でる旅に出かけました。大阪を出発して主に富士山のビューポイントを巡り1泊2日で帰阪するバスツアーである。
午前8時に梅田茶屋町を出発したバスは、名神高速・中央自動車道・長野自動車道と乗り継いで山梨県の富士見町までやってきました。

どこをどう通ったかは、道路オンチの私には分かりまっせんが、とある所でバスが道路の端に寄って停りました。添乗員さんの「ここが富士山の一番目のポイントです」の言葉に勇んでバスを降りました。富士山までの距離は約60kmはあろうかと思いますが、くっきりと見て取れる姿は、さすがに日本一の山である。
しばしの撮影タイムの後、八ヶ岳を眺めながら第二ポイントに向かいます。行先は笛吹川フルーツ公園で、その駐車場から富士が望めるとのことで期待が高まります。

しかし、遠くに望める富士山は周りにガスがかり頂上部だけしか望めませんし、なにかモヤッとして視界が良くありませんが水墨画のような光景も又よいかも・・・。
夕刻に「ハーブ庭園旅日記」という所にやってきました。ここは富士山とは関係ありませんが、「冬限定の幻想的なイルミネーション」が見られるそうです。
暗くなりるまでの間、温室のシクラメンやランなどの美しい花を見てまわります。



そして、日暮れと共に前庭のイルミネーションが点灯されました。
この日の宿は石和温泉・ホテル八田である。
大露天風呂(岩風呂)とワイン風呂が自慢の美と健康といやしの宿をうたい文句にした旅館です。
1月24日(土)、前日フロントでこの辺りから富士山が望めるかを尋ねたところ、駐車場から頭だけ見えるとのことで、ひょっとすると頂部が朝日を浴びて赤く染まるかも知れないとの期待から、4人で朝の6時30分頃からカメラを構えていましたが、周りがほんのり赤くなっただけで、期待はずれに終わりました。
パックツアーの宿命である、行きたくも無い見学などに時間を費やされどんどん時間が過ぎていきます。その間に時々バスの窓から望める富士山の周りにはだんだん雲が押し寄せてきています。第三のポイント山中湖に着くまで大丈夫かと案じられます。
案の定、山中湖に着いた頃には富士山の裾野がわずかに見えるだけの状態となっており、がっかりです。
その後、忍野八海(おしのはっかい)に向かいましたが、こちらも全然富士山が見えませんでした。

忍野八海とは8つの池からなる国の天然記念物で、富士山に降った雨や雪が地中の離透水槽と溶岩の間を抜け、数十年の歳月をかけてこれらの池から湧き出ています。この湧き水は日本百名水のひとつにも選ばれているそうです。
榛の木(はんのき)資料館は、この村最古の民家を保存し、家財・庭園と共に公開している有料(大人300円)ゾーンであるが、八海に一つはこの中にあります。
同行のT氏が、「この入口の屋上からの富士山写真が、ここでのベストポイント」との薦めで入館し写真を撮ったが、主役不在では物足りない写真となってしまい、「はんのき」ではなく「はんなき」状態でここを後にしました。

五番めのポイントは、富士急・河口湖線の「富士吉田駅」から「河口湖駅」までを列車に乗って車窓から眺める・・・というものでしたが、残念ながら何も見えずでしたので、その部分はカットです。 
 
さて、6番目のポイントは本栖湖です。

本栖湖といえば千円札の裏に印刷されている逆さ富士は、正にここからのものですが、富士は見えず湖面は波だって富士の映りこみなしでは、ぱっとしません。
しかしバスの出発間際になって雲がだんだん晴れてきました。刻一刻と見える部分が広がって来ているのに添乗員は非情にも定刻乗車を促します。
発車寸前に撮ったのがこの写真です。↓
7番目のポイントは朝霧高原です。
こちらも到着時には頂上は見えませんでしたが、一瞬ですが頂上が見えましたので、それを撮ることができました。↓

まあ今回のようなパック旅行では時間的な制約などで無理があり、天候にも左右されましたが、完璧な富士の姿を捉えることは出来ませんでした。また今後、機会がありましたら個人で出かけて撮ってみたいな・・・・と思っています。
撮影 2009年1月23・24日 
メニューに戻る