京都:藤森神社の紫陽花

藤森神社(ふじのもりじんじゃ)
 
平安遷都以前に建立されて古社で、古来、朝廷から庶民までの崇敬厚く、歴史ある社である。「菖蒲の節句」発祥の神社として知られ、菖蒲が勝負に通じること、毎年5月5日に行われる藤森祭で曲乗りの妙技で有名な「駆馬神事」が行われることから勝運と馬の神社として特に信仰が厚い。また、日本書紀の編者であり、日本最初の学者である舎人(とねり)親王を祭神としていることから、学問の神としても信仰されています。
本殿

正徳2(1712)年に中御門(なかみかど)天皇より賜った、宮中内侍所(賢所)であった建物とのこと。現存する賢所としては最も古いもので、その原型をよくとどめています。


この神社は「学問・勝運と馬の神社」として知られているだけではなく、「紫陽花の宮」としても有名で、毎年6月15日には紫陽花祭が行われます。
紫陽花苑は第一・第二と2つに分かれていて、両苑合わせて3500株の木があります。どちらも鬱そうと茂る紫陽花林の中に設けられた、迷路のような(行き止りは有りません)細道を辿ります。
この日は雨上がりとあって特別きれいに感じました。

では、その紫陽花苑の様子をスライドショーでご覧下さい。
sas撮影 2009.6.22
 
藤森神社 (紫陽花苑) 
所在地:京都市伏見区深草鳥居崎町  地図
電 話:075-641-1045
開苑期間:6月上旬〜7月上旬 9時00分〜16時00分
入苑料:300円
交通:JR奈良線藤森駅・京阪本線墨染駅下車 徒歩約5分
駐車場:有り 無料
 

メニューに戻る