城跡探訪・烏帽子形城

近鉄南大阪線・河内長野駅(南海高野線・河内長野と同じ駅舎)から「烏帽子形城跡」を目指します。

駅前からは古い建物が建ち並ぶ高野街道に出て、案内標識に従って歩くと「烏帽子形八幡神社」前に到着です。
本殿へは、長い石段を上ります。

烏帽子形城跡がある烏帽子形山の麓にたたずむ「烏帽子形八幡神社」は地域の氏神さまとして大切に祭られていますが、その歴史は古く室町時代まで遡るそうです。本殿は昭和25(1950)年に国の重要文化財に指定されました。
資料:河内長野市教育委員会発行の「烏帽子形城跡」より転載
神社の北側から、うっそうとした山道に入っていきます。
現在、この地は公園として整備され道標なども充実していますので、道に迷うこともありませんし、時々公園を訪れた人達にも出会います。
斜面に設けられた階段 堀の道
もう少し険しい山かと思っていましたが、あっというまに頂上部の本丸跡に到着しました。広場といっても南北に長い幅の狭い空間で、西側に石碑が建ち(文字が読めません)、北側は断崖絶壁の急傾斜で落ちこんでいます。
西側の石碑 北側
案内板によりますと

 この城は残されている記録から一時期使われなかったこともありましたが、室町時代から江戸時代の初め、元和年間(1615年)までは確実に使用されていました。城は北側に石川本流を、東側に支流の天見川を見下ろす、標高182mの烏帽子形山に築かれています。
 城の築城は南北朝時代に楠木正成によって築かれたと伝えられています。応仁の乱以後、河内守護の畠山氏の持ち城であり、安土桃山時代にはキリシタン大名で、この地域の有力な武士であった甲斐庄正治が城主となっています。そして最後の城主が徳川の旗本となった正治の子の甲斐庄正房です。
 城は主郭と腰郭を中心にコの字状に堀と土塁が巡らされ、北東には曲輪が造られています。1988年の調査で主郭の西側の縁に沿って、室町時代末期ごろの2棟の細長い礎石建物が見つかり、城の施設の一部と考えられています
資料:河内長野市教育委員会発行の「烏帽子形城跡」より転載
烏帽子形城跡
所在地 大阪府河内長野市喜多町
交通 近鉄南大阪線・河内長野駅
南海高野線・河内長野駅
又は三日市町駅下車
徒歩約25分

メニューに戻る