京都山科:大乗寺の酔芙蓉

京都山科の大乗寺で酔芙蓉(スイフヨウ)が4分咲きになったとの報で出かけました。
京都市営地下鉄・御陵(みささぎ)駅を降り、歩くこと10分位で大乗寺の入口に到着します。ここには大きな酔芙蓉の木が一本あり、純白と赤い花をつけていました。
酔芙蓉は1日花で、咲き始めは純白ですが昼過ぎからピンクに染まり、夕刻にはすっかり赤くなるという様が、人が酒に酔って顔が赤くなる事に例えて酔芙蓉と名付けられたそうである。
きつい石段でしたが、手すりが設置されていた事と、20数段位だったことで、あまり息切れもせずに山門に到着します。山門の奥には本堂があり、そこでお参りした後、左手の石段を進みます。
石段の両側と真中には鉢植えの酔芙蓉が所せましと置かれており、その数は千本以上あるそうです。
まだ花数は少なくて蕾の方が多い状態でした。
例年の見頃は9月中旬〜10月中旬までとの事。
まだ朝の十時前だというのに、比較的きれいな赤い花がある。ちょうど出会った住職の奥様に尋ねたところ意外な答えが返ってきた。「最近の気温が低い状態では、あまり色の変化が見られず、夕方まで白いままで夜を迎え、夜中の暗闇の中で赤くなる。この花は昨日開花した花です・・・」との事。色の変わりゆく様をカメラに収めようと思っていましたが、そんな事なら長時間の滞在は無意味です。
ここは一度撤退し、念のため夕刻にもう一度訪れることにして引き揚げます。


← 出口近くに日蓮上人の歌碑がありました。

他所で時間を過ごし14時30分頃に再度訪れました。
 
住職の奥様が言われたように、ほとんど色の変化がありませんが、中にはほんの少しですが、ほんのりと中心部がピンクに染まった花も見られます。
そして、色の変化を説明できるようなシーンを一枚撮ることができました。
(これは、大乗寺近辺の個人住宅の前庭で見つけたものです)
撮影 2009.9.14

現在の開花状況や交通案内などは大乗寺のHPをご覧ください

メニューに戻る