醍醐寺の桜2009

各写真クリックで大きな写真(640×427)を表示します

2009年3月30日
近畿各地の桜の見頃が遅れる中、京都の醍醐寺が7分咲きと報じられましたので出掛けました。
京都市営地下鉄・醍醐駅を下りて寺に向かいます。約13分で醍醐寺の総門に到着です。
最初の入場は三宝院で、入口を入った所にある大きな枝垂桜が目に飛び込んできます。桜の状態は新聞報道の7分咲きを通り越して、もうすでに満開状態ではないか。写真を撮る人・撮られる人で大賑わいです。
まずは、三宝院の内部と庭園の見学に向かいます。

三宝院は永久3(1115)年、醍醐寺第14世座主・勝覚僧正の創建であり、醍醐寺の本棒坊的な存在で、歴代座主が居住する坊とのこと。
現在の三宝院は、その建造物の大半が重文に指定されており、内部および庭園は一切撮影禁止となっております。
国の特別史跡・特別名勝となっている三宝院庭園は慶長3(1598)年に豊臣秀吉が「醍醐の花見」に際し自らが設計した庭だそうですが、撮影禁止のため華やかな雰囲気はお伝えできません。

内部見学の後は又サクラ撮影です。
これは三宝院玄関側から見た枝垂桜です。→
サクラの木の下に入って上を見上げると、青空に桜が映えて本当にきれいです。
次は伽藍へと向います。

この醍醐寺には、かわづ桜、しだれ、ソメイヨシノ、山桜、八重ザクラ、大紅しだれ、大山桜などが、次々と咲き移っていくそうである。

仁王門→
門をくぐり少し進むと、清滝宮内の大きな枝垂桜が見えてきます。その奥に五重塔も望めます。
五重塔(国宝)

醍醐天皇の冥福を祈るために朱雀天皇が起工、村上天皇の天暦5年(951)に完成。京都府下最古の建造物で内部の壁画は、日本密教絵画の源流をなすものといわれているそうである。

清滝宮・本殿横にも大きな枝垂桜がありました。
金堂(国宝)

醍醐天皇の御願により延長4年(926)に創建された建物。当時は釈迦堂といわれていましたが、永仁、文明年間に二度焼失。現在の金堂は豊臣秀吉の命によって紀州(和歌山県)湯浅から移築が計画され、秀頼の時代、慶長5年(1600)に完成した。この金堂が、醍醐寺の中心のお堂であり、安置されている薬師如来坐像が醍醐寺の本尊である。

その金堂の横にある白い枝垂桜の大木。これが大山桜だろうか?
次は霊宝館へと向います。
この通路が桜のトンネルとなる場所である。枝垂桜は満開ですが、ソメイヨシノは開花が遅れているようで、まだ全体的には3分〜4分咲き位です。
入口を入った所にある大きな桜の木。これも4分咲きぐらいでこれから綺麗に咲くであろう。
醍醐寺霊宝館

国宝や重文だけで4万点、未指定の文化財を含めると、約10万点余りに及ぶ寺宝を収蔵。彫刻、絵画、工芸、古文書など、日本の仏教史や美術史上貴重な資料が収蔵されていて、春と秋のみ一般公開を行っている。

館内を巡っていて、休憩室と書かれた文字を見て、そちらに向かいますと、大きなガラス張りの部屋に沢山の人達がソファーに腰掛け外を見ています。何事かとガラスの向こうを見ると、そこには満開の枝垂桜の大木がありました。館内からの撮影は禁止と書かれていましたので、展示物の見学もそこそこにして、そちらに向います。まだ3分咲きぐらいの桜の大木の奥に満開の枝垂桜桜が見えてきます。
ここも大変な人出で後ろから撮ると、どうしても人物が入ってしまいます。
徐々に前の方に進み、人物を入れずに桜を撮ることができましたが、前に出すぎると桜全体が写りません。
一寸斜めから撮ったりしましたが、もうひとつパッとしません。まあ、これで良しとしましょう。
霊宝館の隣にある報恩院に入ってみると、ここにも大きな枝垂桜がありました。
見上げるこの桜もすばらしい。

去年は京都の某所へ満開の報をみて訪れましたが、もうすでに落花したあとでした。某梅所でも花が終わっていましたので、マスコミの報道をあてにしては駄目だと悟り、今回は7分咲きの報でやってきて、丁度良い状態だったので満足である。

格言:マスコミの満開報道が出た時はもう遅い。
撮影 2009年3月30日 各写真クリックで大きな写真(640×427)を表示します
醍醐寺
所在地:〒601-1325 京都市伏見区醍醐東大路町22 地図
TEL:075-571-0002 FAX:075-571-0101 HP
料金:三宝院・600円 伽藍・600円 霊宝館・600円
    2ヶ所入場券・1000円 3ヶ所入場券・1500円
交通:京都市営地下鉄・醍醐駅から徒歩約13分
駐車場:有り 700円
メニューに戻る