常滑焼の里」と「矢勝川の彼岸花

2009年9月18日 吹田市の、ある写真同好会の「知多半島・小旅行」に特別参加者として同行させていただきました。阪急電鉄山田駅前からチャーターしたバスで「常滑焼の里」と「矢勝川の彼岸花」を巡る旅である。矢勝川提には200万本の彼岸花が咲き誇るそうで、期待がかかります。
午前8時に出発したバスは、途中で昼食を済ませて13時前に愛知県常滑市の「常滑焼の里」に到着。陶磁器会館を出発点として「やきもの散歩道」の散策を開始します。
陶磁器会館会館:愛知県常滑市栄町3-8 地図 「やきもの散歩道」マップはここで入手できます
常滑は古くから焼き物で栄えた町とあって、普通なら石やコンクリートで造る擁壁も、ここでは土管や焼酎瓶、住宅周りの壁が通信ケーブル埋設用の多孔陶管であったりします。
廻船問屋:瀧田家に通じる坂道が美しい。
廻船問屋:瀧田家

江戸時代から明治時代に廻船業を営んでいた瀧田家を復元。貴重な無尽灯(菜種油を用いた灯火具)や海運の歴史を紹介。(市指定文化財  公開時間=9:30〜16:30  月曜・年末年始休 有料)
土管坂 焼き物散歩道を象徴する坂道。明治時代の土管と昭和初期の焼酎瓶が壁をおおい、通路には滑り止めとして土管の焼成時に使った焼台(捨て輪)が埋め込まれていて、当時の人々の環境や人に優しい知恵と工夫の跡を見ることができます。
登窯 

(国指定重要有形民俗文化財・近代化産業遺跡認定)

この窯は明治20(1887)年から昭和49(1974)年まで使用された現存する日本最大級の登窯だそうです。

最上部には年季が入った煉瓦煙突が並びます。↓




「やきもの散歩道」の散策途中には煉瓦煙突や黒板壁のギャラリーや工房に多く出会いました。




        「常滑焼の里」 終

駐車場で待つバスに乗り込み、彼岸花が咲く矢勝川へと向います。
新美南吉記念館の駐車場から堤防に向かう途中の畦道で咲く彼岸花。
堤防に上がってみましたが、花茎は沢山あがっているのですが、開花数はごくわずか。訪れるのが少し早かったようです。
矢勝川の彼岸花は全長2kmにわたって咲くそうですので、少しでも多く咲く所を求めて歩きます。
どこも異常なほど密集して花茎を伸ばしていますが、花はまだ咲き始めの状態です。
1カ所、少し密集して咲く所が見つかりました。
赤い彼岸花と黄金色の稲穂が美しいコントラストを見せてくれます。
黄色いリコルスも咲いています。↓
残念ながら彼岸花は咲き始めたばかりで、満開になるのは、もう少し先のようです。

←ちなみに満開時の様子がJTBのパンフレットに載っていましたので、ご参考までに載せておきます。


矢勝川の地図
帰りのバスの車窓からは綺麗な夕焼け空が望めました。
撮影 2009.9.18
メニューに戻る