京都・智積院のサツキ

2013年5月31日

JR京都駅から徒歩で7条通を東に進むと、約25分程で智積院の前に到着します。が、ここから院内に入ることは出来ず、少し南下した所の広い入口から院内に足を踏み入れます。
綺麗に咲くサツキの後ろの看板に「智積院の歴史が記されています。それによりますと、「真言宗智山派総本山で全国に約3000.の末寺がある。もと紀州根来山の学頭寺・智積院であったが、豊臣秀吉の焼き討ちに遭い、学頭玄宥僧正は難を京都に避け、後に徳川家康の帰依を受けて慶長6(1601)年に豊国神社境内の坊舎と土地を与えられ、智積院を再興した。その後、祥雲禅寺を拝領し現在に至っている」との事です。
まずは境内内のサツキを求めて、うろつきます(境内自由)。所々に植えられている、サツキを見て回っていると珍客に出会いました。↓これは何物?と思って見ていると、寺院の関係者の方に「タヌキ」だと教えられました。しばらく様子をうかがっていたタヌキは、やがて雨水土管の中に消えていきました。
智積院で拝観料が必要なのは、宝物館と名勝庭園のみで、2ヶ所合わせて500円です。宝物館の国宝障壁画の鑑賞は、そこそこにして、サツキの頃が一番華やかになるといわれる名勝庭園に向かいます。
名勝庭園へは講堂の横を通り、角を曲がると見えてきます。
庭園は講堂の隣りに建つ「大書院」の大広間からの鑑賞がベストです。
(下の画像一枚のみクリックで大きな画像を表示します)
名勝庭園  智積院の庭園は利休好みの庭と伝えられ、中国の廬山を模して造られている。祥雲禅寺時代に造られた石橋より奥の方は自然石のみを用いて刈込みを主体とし、深山の中にいるような奥行きのある野性的な雄大さ勇壮さを感じさせてくれます。滝の落ちている正面は、江戸時代に修築されたもので、石組みと植込みが交互に並び、洗練された美しさが築庭の極限を表現しています。庭を全体的に見ますと、小さなもの特有のきめの細かい所を見せながらも、他に類の無い雄大さと重厚味を感じさせられます。名勝庭園の傑作の一つであるこの庭は、四季折々の美しさを楽しめますが、特に5月下旬から6月下旬にかけてのサツキが一段と艶やかさをまします。 (総本山智積院のパンフレットより)
サツキは、まだ少し早かったようです
智積院
所在地 東山区東大路七条下ル東瓦町964
TEL 075-541-5361
拝観料 大人500円・中高生300円・小学生200円
宝物館+名勝庭園 (境内自由)
拝観時間 09:00〜16:30
休日 年末年始のみ
交通 JR京都駅から市バス100.206.208系統
「東山七条」下車徒歩約3分
駐車場 有 無料

メニューに戻る