宇治平等院の藤

2011年5月6日(金)

京都府宇治市の平等院の藤が間もなく見頃・・・との報で、土・日は凄い混雑になるかと思い、その前に出掛けてみました。

←JR宇治駅舎
駅からは徒歩で宇治橋通商店街を通り、宇治川に架かる宇治橋の袂から始まる表参道・平等院通りを南下すると、約10分強で平等院の入口に到着する。
少し進むと表門が見えてきます。その左側に藤棚があり、通路側にある白藤はすでに終わっていましたが、奥の方で綺麗な藤が沢山の房を垂れていました。
↑ 表門前広場の藤
↑ 表門を入った所のツツジ ↑ その奥の藤棚は観光客でいっぱい
↑ 藤棚は観音堂のすぐ横にあります ↑
↑ ツツジと藤が美を競っています
藤の木の幹が複雑に絡まる ↑ 藤棚の向こうに鳳凰堂がある ↑
極楽浄土の宮殿をモデルにした鳳凰堂は、中堂・左右の翼廊・尾廊からなる他に例を見ない建物で、堂内には平安時代を代表する仏師定朝の作と言われる本尊阿弥陀如来坐像をはじめ、9通りの来迎を画いた壁扉画など、平安時代・浄土教美術の頂点が集約されています。

鳳凰堂の中堂は10円硬貨の裏側のデザインに、又屋根上の鳳凰は1万円札の裏側のデザインに用いられています。
  宇治市銘木百選のふじ
 
分類 まめ科
高さ 3メートル
幹周 2.4メートル
推定樹齢 200年
認定日 昭和56年3月1日

↑ これだけ沢山の長い藤がぶら下がると実に壮観である
宇治平等院
郵便番号 〒611-0021
所在地 京都府宇治市宇治蓮華116
電話番号 0744-21-2861(FAX0744-20-6607)
拝観料 大人600 中高生400 小学生300円
拝観時間 08:30〜17:30 (庭園)
交通 JR奈良線「宇治駅」 徒歩約10分
京阪宇治線「京阪宇治駅 〃
駐車場 南側に民営駐車場あり(規模中位)

メニューに戻る