奈良・佛隆寺の彼岸花2012

2012年9月28日

近鉄大阪線で榛原駅までやってきました。ここからは奈良交通、25・.27系統のバスで、彼岸花で知られる佛隆寺を目指します。途中前方で交通事故があったようで、突然バスが動かなくなりました。バスの横をパトカーや救急車が通り抜けていきます。結局、バスを降りて、歩いて高井バス停を目指すというハプニングがありましたが、高井バス停横の目的地まで1.9kmという地点に到着しました。ここからは交通の便がありませんので、ただ歩くのみです。
高井バス停からは、なだらかな上り坂(舗装された車道)を歩くこと約35分で、佛隆寺の山門へ続く長い石段(197段)が望める地点に到着します。


まず目に付くのが、根元に沢山の彼岸花を侍らせる、この大きな樹木です。なんでも佛隆寺千年桜と呼ばれるこの木は、高さ16m・幹の周囲7.5m・樹齢900年を超えるという古木で、春ともなると見事な桜花を咲かせるそうである。↓
まずは、石段を上がり佛隆寺の山門に向かいます
佛隆寺(山門)

佛隆寺は、真言宗室生寺派末寺で室生寺の南門として摩尼山光明が岳の麓に位置する。嘉祥3(850)年、空海の高弟堅恵が創建したと伝えられるが、一説には、これより先、興福寺別当修円僧都がこの地に開いたとも言われている。
境内には、石造十三重の塔、堅恵の石窟、佛隆寺のサクラ、本尊十一面観音像などの重宝が多い。 (入山料100円)
← 十三重石塔 (西暦1330年構築)





↓開祖堅恵大徳・入定石室 (西暦895年構築)
境内では白花彼岸花や黄色の彼岸花科の花も見られる
茶席に設けられた赤い和傘と白い彼岸花が印象的
寺のHPによりますと、8月〜9月にかけての豪雨で球根が流されたため、今年の彼岸花の本数は例年に比べてかなり少ないくなっているそうです。 残念!

なお9月27日現在の開花状況は、見頃と云える状態でした。
佛隆寺
所在地 奈良県宇陀市榛原赤埴1684
問合せ 0745-82-2457 大宇陀観光協会
交通 近鉄大阪線榛原駅から奈良交通バス
25.27系統・高井下車 徒歩約35分
入山料 100円 拝観料300円
駐車場 有 無料(約11台) 
トイレ 駐車場に有

メニューに戻る