惜別!美章園温泉

「阪急電鉄旧梅田駅待合所」・「須磨の室谷邸」に続いて「惜別!」物件が出てしまいました。それは「大阪レトロ」 でも紹介した昭和8(1933)年に建設された「美章園温泉」です。
戦前は大阪の三大温泉の一つにあげられ、ダンスホールを備え持つ大阪人の社交場として人気があったそうですが、戦後の経営難のため競売にかけられたところで、この温泉にほれ込んでいた人の手に渡り、営業が続けられてきましたが、ついに廃業・解体の時が訪れました。
外観を見ただけでは、たいしたレトロ感は有りませんが、内部が”すごい”との噂を聞いていましたので、一度は見たいと思って いたところに朗報が飛び込んできました。大阪市中央区在住の一級建築士・内田梨恵子さん達が「銭湯文化サポーター’S」を結成し、すでに解体作業に 着手していた工務店関係者に何度も足を運び内部公開を申し入れた結果、2月24日の一日だけ公開が許可されたのです。
その情報を新聞紙上で知り、2月24日当日、JR京都線・環状線・阪和線と乗り継いで「美章園温泉」までやって来ました。


番台で住所・氏名を書き込んだ後、さっそく「浴室」に土足で入り込みます。

最初に目に留まるのが、この設備であり、営業時は上からお湯が噴水状に流れ落ち、シャワー代わりの掛け湯ができたようです。それにしても、このタイルの色使いが素晴らしいではないか。



そして浴室の奥に目をやると↓
色々なタイルで装飾された壁面・浴槽・柱などの豪華さに圧倒されます。中央部の浴槽は手前が足洗い場、その奥が主浴槽の深湯・浅湯と続き、浴槽には腰掛けが付いています。
綺麗な柱の後ろが洗い場となっていて、器具は取り外されていますが、シャワーも付いていたようです。
そして主浴槽の周りにはいろいろな小浴槽が用意されています。

これは”水ぶろ20℃”と書かれています。

窓から庭を眺めながらの入浴ができたようです。
ガラス戸で密閉される浴室。

ラドン温泉とかで、蒸気が噴霧されるそうです。

浴槽のタイルはレトロ調ですが、壁のタイルは新しそうです。
泡風呂系の浴槽
その他、薬風呂・電気風呂・サウナルームなどを備えた立派な施設でありました。




撮影2008年2月24日
こんな素敵な浴場が解体されてしまうのは非常に残念ですが、経営難と云われると仕方がないとしか云いようがありません。経営難の原因を考えれば、最近あちこちでスーパー銭湯などと呼ばれる温泉が林立していて、温泉好きの人達がわざわざ遠くまで足を運ばなくなったことや、最近の原油高も影響していると思います。しかし「国登録有形文化財」として文化庁が認めた建物の解体を、国が何もせずに黙認している事が納得できません。日本の貴重な文化財を保護するためにも、今後なんらかの手をうって欲しいものです。

メニューへ戻る