京都洛東・毘沙門堂の紅葉

2013年11月28日

JR山科駅から徒歩約20分で毘沙門堂前に到着しました。

毘沙門堂の創建は大宝三(703)年で、文武天皇の勅願で僧行基によって開かれた。
境内の諸堂の多くが京都市の有形文化財に指定されていて、山科盆地を見下ろす山腹に位置し、春の桜、秋の紅葉は知る人ぞ知る京の名所だそうです。
境内に入るまでもなく辺りは綺麗な紅葉でいっぱいです。
急な石段を上ります 上から見下ろす紅葉もすばらしい
毘沙門堂の本堂拝観以外は無料です
高台弁財天:太閤秀吉公の大政所高台尼公が大阪城内に祀っていたものを当寺に移したものだそうです
真赤な葉はドウダンツツジ 紅葉と燈籠
池の落紅葉 落紅葉
毘沙門堂は天台宗五箇室門跡のひとつで、高い寺格と鄙びた山寺の風情を伝える古刹とのこと。御本尊に京の七福神のひとつ毘沙門天を祀ることからこの名があるそうです。

拝観は、ここを入った所で500円を支払い、本堂から霊堂・宸殿へと順に巡ります。堂内は撮影禁止ですので、撮るのは紅葉だけです。
本堂の裏からは高台弁才天の一角が望めます
弁才天の池も望めます 本堂の東側
晩翠園・谷川の水を引き滝を造った江戸初期の回遊式庭園
大きな「つくばい」? 見上げる紅葉
綺麗な紅葉に堪能 急な石段を下り帰路につきます
毘沙門堂
所在地 山科区安朱稲荷山町18
TEL 075-581-0328
開館 08:30〜17:00 
休日 無休
拝観料 大人500円 高校生400円 
小・中学生300円 以下無料
交通 JR 地下鉄 京阪電鉄 京阪バス
いずれも 山科駅下車 徒歩約20分
駐車場 自家用車10台分無料 大型バス不可
メニューに戻る