万博公園:雪まつり

←これは去年の写真である。

2008年2月9日は大阪では珍しく大雪が降る中、「万博公園・雪祭り」とやらに孫と一緒に出かけてみた。お祭り広場に設けられた会場は人影もまばらで、中央付近に設けられた雪の小山は上り放題・遊び放題の状態でした。
今年(2009年)も2月7・8日に同催しが有る事を知り、孫に「又行くか?」と尋ねたところ、「行く行く!また雪で遊びたい」との事で。前日(2月7日)から泊り込みでやってきました。
2009年2月8日(日)少し出発が遅くなったが万博公園に到着。去年と同様の状態を期待していた私達は人の多さにびっくり。お祭り広場に作られた雪の小山がどこにあるのか分からない。やたら背の高い人達が見えたので、近づいてみると、小山の頂上付近は人がいっぱいで山頂の雪の存在が分かりません。わずかに裾野が確認できますが、昨年とはえらい違いである。
お祭り広場の東側にもうけられたソリ遊びのコーナーは長蛇の列であり、約40分ほど並んだ末に短いコースを一回滑り降りるだけで終了、もう一度やりたければ、又もう一回並ばなくてはなりません。去年はすいていたので、面白がって「もう一回!もう一回!」と6回位滑ったと思いますが、、今年は一回きりで「もうええわ」となりました。
この催しは兵庫県宍粟(しそう)市が地元PRのために企画し今年で3回目となるそうだ。トラック10台分の天然雪を宍粟市から運び、他にも人工降雪機を使って子供達に雪だるま作りや、そり遊びの場を提供してくれている。
しかし、この混雑ぶりには閉口した。中央の良い場所は人がいっぱいで入り込めない。仕方がなく孫は隅っこで小さな雪だるまを作ったが、何か正月の鏡餅のようである。
その他のイベントとして、ボタン汁のふるまい・宍粟市の物産展・ケロロ軍曹ショー・氷彫刻の実演・大道芸・きな粉作り/アイスキャンデー作りの体験コーナー等が行われていました。

しかし、あまりにも混雑がひどくて、孫は満足に遊ぶことなく公園を後にしました。今思えば、昨年の不入りを懸念した公園側の新聞・TV・折込広告などでのPRが行き届きすぎて、こんな状態になったのだと思われます。来年も同様な催しを行い同様のPRをするなら、もっと雪遊び場の面積を大幅に増やすべきだと思いました。

メニューに戻る