万博公園:探そう!パビリオン記念碑

昭和45(1970)年に開催された「日本万国博覧会」のパビリオン記念碑が、自然文化園を中心とし
た88ヶ所に埋め込まれているのをご存知でしょうか。各記念碑には当時を偲ぶスクラッチプレート
(ステンレス製)が設置されています。そのプレートにノートブックを合わせ、上から鉛筆などでこす
り図柄を写し取ります。全ての記念碑の写し取りが完成すると記念品が贈られます。
2005年9月16日、これに挑戦するために出かけました。
自然文化園に入る際に係員に申し出ると、上の写真のようなパビリオン記念碑の所在を示す地
図と、鉛筆2本付のスクラッチブックを手渡してくれます。

まず最初に地図を広げ、効率よく回るための経路を見定めて出発します。
 
マウスonで万博開催当時のフランス館の写真を表示します
 
梅林の近くに@のフランス館の記念碑が見えてきます。碑の左下に設置されたプレートにスクラッチブックのフランス館の部分を乗せて鉛筆でこするときれいに下の図柄が転写できます。

なおこのスクラッチプレートの図柄は、万博開催当時の各館に置かれていたスタンプと同じものだそうです。
このようにして88の余白を埋めていきます。

1番から33番までは基本コースと呼ばれており
比較的大きな道路脇に設置されているので、簡
単に見つかります。
しかし34番からのチャレンジコースには、そう簡単には見つからないものもあります。
左図の芝生広場ではかなり難航しました。
植え込みに隠れた記念碑は、向こうから歩いてくると一寸見つけにくい。
 
草むらに隠れた碑は
 
裏側に回り込まないと目に留まらない。
 
単なる芝生のへこみかと思うと
 
記念碑だった。
 
水鳥の池と書かれた辺りは現在は野鳥の森となっています。こんな所にもパビリオンが有ったのかと思いつつ、しかし森の中を探し回るのは大変だと思ったが・・・・・
おっと、野鳥の森の入口にある、ベルギー館碑に沢山のスクラッチプレートが貼り付けてある。
野鳥の森の中の記念碑は、全て立ち入り禁止区域にあるそうで、「この上にあるプレートで代用してください」との書込みをみて、何か得をした気分になった。

しかし自然文化園の4ヶ所を残し、ここで閉園時間がせまり、残りは次の機会に持ち越しとなった。
2005年9月19日再挑戦。

自然文化園での残りの記念碑探しは順調に進み、一番最後に残っていた、イタリア館で全て終了。
残りはエキスポランド内にある二ヶ所のみとなったが、ブックの最終ページに「自然文化園の全てを完成させた方は総合案内所の係員に提示ください」と書かれていたので持参する。

万博公園総合案内所は、エキスポランド入口から西側(駅側)の少し離れた所にあります。
係員にブックを見せると、点検のうえ、意外なことに、これで完走のスタンプが押されて、記念品と「エキスポランド内の記念碑に行くために使ってください」と入園招待券を渡された。
招待券の有効期限は2006.3.31となっているので日を改めて家族連れや友達と遊びに来た時に使用しても良いようだ。

ということは、自然文化園さえ完成させれば、エキスポランドの招待券と、記念品が頂けると考えてもよい。

記念品については、その時のお楽しみとして、触れずにおきます。
さて私はエキスポランドには、あまり興味がありませんが、スクラッチブックを完成させるために招待券を使い入園しました。
子供連れや若者達でにぎわう園内を、記念碑を探してさ迷います。
最後の88番「サンフランシスコ市館」が生垣の後にあったのを見過ごして、あらぬ所を探し回るなど、かなり難航しましたが無事見つけ出し、これで全て完成となりました。

私は計2日かかりましたが、機敏に動けて目と勘の良い人ですと、軽く1日で達成出来ると思いますので、ぜひトライしてみてください。


         終

メニューに戻る