万博公園のムクゲ

万博公園の茶つみの里の北側、日だまりの池との間にムクゲの木が23本程植えられた区域がある。ここには、サルスベリの木が6本、フヨウの木が3本混植さされており、花が少ない夏期の絶好の花見ポイントとなっています。
ムクゲ

フヨウの仲間で多くの品種がある。7〜9月、本年枝の葉のわきに平開する鐘形の5弁花が咲く。仲間には紅紫色の八重咲きヤエムクゲ、白花一重咲きのシロバナムクゲなどがある。

万博公園内では日本庭園などで見かけるが、これだけ沢山まとまって植えられているのは、ここだけである。以下にここで咲く花を紹介します。
ムクゲは、朝に咲いて夜には、しぼんでしまう1日花ですが、落花の過程が変わっています。おしべやめしべが、きっちりと花びらに巻き込まれて、散らばらずに根元から落ちていくという、実に行儀のよい花です。

今後、同居中のフヨウやサルスベリも咲き出し、真夏に向かってなお一層華やかさを増していきます。

←花の落花過程


   撮影 2009.7.2
2009年7月17日に訪れたところ、フヨウが咲き出していました。ムクゲとフヨウの花はよく似ていて、一寸見ただけは見分けがつきませんが、シベの先端が90度にはね上がっているのがフヨウです。
サルスベリ


2009年7月30日に訪れたところ、もう見頃と言える状態になっていました。

メニューに戻る